【2013秋・東京】AMPELMANN Shop Tokyo(渋谷)

11-09,2013

ドイツフェスティバルで入手した粗品引換券を握りしめ(嘘。財布に入れ)、渋谷のアンペルマンショップへ。



shibuya (10)



一人だったら地図を見て自力で行くしかありませんが、都内に通勤している友人が一緒だったのでついて行くだけで呆けていても辿りつくことができました。





明治神宮前から歩いて800mくらいですが、大通りを歩くのもつまらんということで裏路地をゆく。



shibuya (1)



大通りと裏通りは別世界で、あんなに人がいっぱいだったのにだーれもおらんなんてことも。



shibuya.jpg



到着しました!



shibuya (15)



ここが東京初の路面店だということでえー他にも店あんの!と思ったら、白金高輪に事務所がありそこでもグッズを販売しているんだそうです。
ディスプレイも可愛い♪



shibuya (14)



ではたのもーう。



shibuya (13)



店内



shibuya (11)



「本場ドイツにも負けない店内」とホームページでうたわれているように、アンペルマングッズが所せましとギッシリ。



shibuya (3)



スーツケースもしゃれとるなー。スーツケースベルトを買うか悩みました(結局買いませんでした)。



shibuya (4)



ドイツフェスティバル会場で買ったてぬぐいも。



shibuya (7)



最後まで買うか買わないか悩んでいたのが…



shibuya (6)



画像の筒。これ、万華鏡なんです。覗いてみたら癒しの世界が…



まわる~
shibuya (5)



shibuya (9)



しかしあまりにも実用性がないのであきらめました。



店頭では、アンペルマン52歳のお祝いとしてコーヒーのサービスがありました。
力強くもスッキリとした美味しいコーヒーで印象的でした。



shibuya (2)



さらに買い物もしたので、アンペルマンキャンディも頂きました。



ampelmann (3)



これがけっこうすごくてですね、信号カラーというだけでなく



ampelmann (9)



直径1センチほどの金太郎飴で、アンペルマンの絵柄がちゃーんと入っているんです!
しょ、職人技~。(機械なんでしょうか)



買ったものと粗品
ampelmann (1)



かわいいポストカードがあったので購入~。値段も手ごろだし、揃えているとちょっとお便りを書きたいときにいいんです。
粗品は画像上のキーホルダーでした。裏面が反射板になっています。



世界の信号ハガキです。なかなか面白い。



ampelmann (2)



こうして見るとアンペルマンの可愛さはダントツだと思います。
冷戦ってすごく暗い半面、個性的で独創的な文化も生み出したんだなぁと思います。



アンペルマンショップ東京では美味しいコーヒーのテイクアウトもやってます♪
shibuya (16)




粗品も貰えて大満足!友人は夜までつきあってくれるというので、ともに次なる目的地の銀座へと向かいました。


TRACK BACK