海外旅行用の電気ケトルを考える

03-02,2014

この記事、一応ドイツ旅行カテゴリに入れさせてもらいます。
こちらの記事で触れています、"ドイツ旅行の際の湯沸かし"について考えました。



DSC02175.jpg
18時、カールスプラッツ(Karlsplatz)にて。








寒い冬に、ホテルの部屋で温かい物を口にできないのはけっこうつらいものです。
というわけで、次回のために、どうすべきかと考えてみました。



便利なのは、外資系ホテルでよく見かけ、また、最近は日本でも普及している、"電気ケトル"ではないか。
そう思い、楽天で海外旅行用の電気ケトルを探してみました。
(日本で売られている電化製品は100Vなのでドイツではそのまま使えません)









なんだかな~。どちらも安っぽいし、デザインが好みじゃないうえ、レビューに「プラスチック臭が」なんて書いてあるのを見ると、とても買う気にならない…



そこで考えたのは、日本から持参するのではなく、現地で買うのはどうか?ということ。
電気ケトルは、ドイツのほうが日本よりも一般的であろうし、きっとデパートの家庭用品売り場などでいろいろと売っているはず。



しかし、どんなものも日本基準より一回り二回りも大きなドイツ。
日本に持ち帰ってまた持って来られるような、小容量のものがあるのだろうか?
うーん気になる。というわけで、早速ドイツのアマゾンで検索してみました。



やはり、普及サイズは1.7リットル前後とどでかいんですが、日本で探すよりも種類はずっと豊富。
たくさんの商品の中に小さめのサイズも発見しました。



wasserkocher.png



右のふたつは500mlなので旅行にはぴったりだなー。こんなのを現地で入手できたら理想的なのだが。
しかしこんな小さいサイズが都合よく見つかるものであろうか。
ピンク色のBoschのがかわいいけれど、容量がわからない。7.99ユーロという値段も魅力だし、使うのが楽しくなりそうなポットだな。



余談ですが、日本の楽天などで電気ケトルのレビューを見ていると、ケトルの注ぎ口が上を向いているとホコリが入るのが気になるという人がけっこういらっしゃってびっくりした。
自分はぜんぜん気にならないことでも、問題になる人があるものだ。逆ももちろんしかり。



ドイツでも"旅行用湯沸かし(Reise Wasserkocher)"として売っているものがあって、楽天で見つけた旅行用とそっくり!



wasserkocher (1)



これなんて、楽天で見たのと同様にコップがついているし



wasserkocher (5)



電気ケトルについてあーだーこーだ考えて、まだ次の旅行も決まっていないのに気の遠い話だけれど、こういう時間がけっこう楽しい。
amazon deで、"Wasserkocher"と検索したら出てきます。



それにしても、アマゾンドイツ版での、電気ケトルの種類の豊富さには驚き!
日本では見たことも無いような、カラフルなのとか、モダンなのがある。日本でも扱いのあるものもあるかもしれないが、一部紹介。



デロンギのクラシックデザインがかわいい
wasserkocher (2)



WMFからも出ている。シュッとシャープなデザイン。
wasserkocher (3)



おしゃれさんに人気のラッセルホブス
wasserkocher (4)



選択肢の豊富さを見ていると、さすが本場だなーと思う。
つい欲しくなってしまいそうだけれど、電圧電圧。なぜ違うのだぁ~

TRACK BACK