【2013ドイツ旅行記】ヴィクトゥアリエンマルクトで魚のサンドイッチ

05-20,2014

一旦ホテルに戻り、お手洗いを済ませ(考えたらザルツブルクでは一回も行かず!)ミュンヘンの街へ繰り出した。
明後日の朝には帰らなければならないのでもうあまり時間がない。ああ、短い旅行は大忙し…



DSC02523.jpg








ミュンヘン最大の市場という、ヴィクトゥアリエンマルクトへやってきた。土曜の午後だけれどやっていて活気がある。
これはマルクトにあるポール?



※撮影したのは別の日のお昼
DSC01998.jpg



よく見るととてもかわいい。



DSC01997.jpg



さて、前回ここで見て気になっていた、魚のサンドイッチのお店へやってきた。



NORDSEE
DSC02527.jpg



建物の中でも食事ができるようだった。私は外のサンドイッチ売り場へ



DSC02528 - コピー



安くてどれもおいしそう!こんなお店がクリスマス中もやっていたらなぁ~。



DSC02528.jpg



魚のサンドイッチ(2.40ユーロ)
DSC02529.jpg



午前中にザッハトルテを食べて以来なのでお腹はペコペコ!



DSC02531.jpg



何の魚かわからなかったが、あとで調べたらニシンだった。酢漬けが野菜とともにパンに挟んである。
これがおいしい!酢漬けのニシンは処理がうまいのか癖や臭みもなく、脂がのっていてとろりとした身にうまみが詰まっている。
こんなところがあったなら毎日来てもいいくらいだ。



DSC02532.jpg



マルクトにはいろいろなお店が出ている。ミュンヘン市民の台所なんだろうな。



DSC02534.jpg



お腹がふくれてまた元気が出てきたのでミュンヘン市内をあっちこっちへ。



DSC02536.jpg



暗くなってから、土曜でもオープンしているらしい大型ショッピングモール「オリンピックショッピングセンター」へ



DSC02540.jpg



Olympia-Einkaufszentrum
DSC02541.jpg



大きな敷地にデパート(それもデパート2軒)やスーパーだけでなくありとあらゆる店が入っている。さっきの魚サンドイッチの店もあった。チェーン店なんだな。



DSC02543.jpg



すさまじく広い!そして人多すぎ!日本でもイオンみたいなところはきらいな私はこういうところは疲れる。
ただ、大きなEDEKA(スーパー)が入っていたのでちょっと他では買えないものもゲットできたのは幸いだった。



荷物を置きにホテルに戻る。オリンピックショッピングセンターから中央駅は地下鉄1本乗り換え不用なので楽々だ。
さっきの魚サンドは塩分が濃かったんだろうか、甘いものがむしょうに食べたくなったので、買っておいたヨーグルトを食す。



DSC02545.jpg



そして再び夜の街へ。



DSC02549.jpg



日が暮れてなおこの人出!



DSC02551.jpg



DSC02553.jpg



夕飯にもう少し食べようと思っても、20時をもってマリエンプラッツ周辺のインビスは終了~。



DSC02556.jpg



結局、本日もホテルで



DSC02574.jpg



ヨーグルトを食べたのだった!



最後に、本日買ったものをアップ
紅茶はヒカリさんから頂いたような紅茶+フルーツ・花びら系は見つけられず、すべてルイボスティーベースの冬らしいお茶。



DSC02558.jpg



そしてずっと食べてみたかったメグレのガーリックバターバゲット!



megglebutter.jpg




日本だと1本400円はする高級品だが私が買ったのはスーパーで1本0.79ユーロ!
それも左のは日本では売られていない全粒粉バゲットなのでパンがちょっと茶色くておいしそう。
もう1本はラウゲンシュタンゲ(棒状ブレッツェル)バージョンを買ったつもりだったのに、日本に帰ってからよく見たらふつうのホワイトブレッドだった。失敗!
冷凍で売っていたのを買って、冷蔵庫で保管して日本に持ち帰るので、帰国直前に購入しても冬限定かもしれない。



DSC02561.jpg



ダルマイヤーではじゃがいも団子(おつとめ品)とデザート(Bayerische Creme)を購入。



テレビでは「懐かしの映像」をやっていた。1979年らしい。



DSC02580.jpg



DSC02581.jpg



1993年のニュース映像。



DSC02584.jpg



さあ、明後日の朝にはホテルを発たなくてはならないので、明日はまる1日遊べる最終日。悔いの残らないようがんばらなくては。



つづく

TRACK BACK