昭和8年から難波で愛されるしゅうまい!

07-10,2014

友人が子供の時から食べているというしゅうまいを送ってくれました。
難波で昭和8年創業、それ以来今日まで愛されているお店♪



P7031320.jpg






一芳亭(いっぽうてい)のしゅうまい
P7031324.jpg



包みを開いてまずおおっと思ったのは、箱がプラスチックではなくへぎなんです。
いまどき、へぎ風のプラスチック容器が氾濫しているので、この木の香りだけでもプレミア~ム。



P7031326.jpg



しゅうまい20個に、カラシが4包。



P7031327.jpg



ずらっと!



P7031328.jpg



皮が黄色いんです。戦後は小麦粉が手に入らず、薄焼き卵を代用したのが始まりで今もその製法を守っておられるためだとか。



カラシをつけて、酢醤油で



P7031373.jpg



ふわふわのしゅうまい!さっぱり油っぽくないけれど、豚肉のおいしさがじゅわっと。粗く刻んで混ぜ込まれている玉ねぎも甘くてとってもおいしいです!
蒸していても油がほとんど落ちないので、この味も納得です。おいしいけどしつこくないので、一人前10個は余裕です。



P7081445.jpg



夫も絶賛で、お店に絶対行く!となりました。
うちとしては、二人ともグリーンピース嫌いなので、乗っていないのもマルです。



友人が3箱も送ってくれたので、ふつうに蒸すだけでなく
休日には卓上IHでお鍋っぽくしてみたり。



IMG_1758.jpg



お鍋にキャベツやもやし、えのきだけを敷き詰めて、その上にしゅうまいを並べて、蓋をして火にかけます。
水を入れずに野菜の水分でフックラ蒸しあがり、野菜もおいしく食べられます。



もやしオンリーでも。
IMG_1760.jpg



またあるとき、数個だけとっておいたのを電子レンジにかけてみたら、それでも味を損なうことなく美味しくいただけました。
肉まん系はレンジだと美味しくないので必ず蒸すんですけど、レンジでも美味しく食べられたららくちんですね。



P7031322.jpg



横浜の有名なしゅうまいは臭くてあまり好きではないんですけど…(お店では美味しいのかもしれませんが、行くこともありませんからお土産でもらったものの味しか知りません)
一芳亭のしゅうまいは我が家もずっと食べ続けたいし、誰かに教えたいと思える味でした。
特に毎晩の献立に頭を悩ませている主婦はこんなのもらったら大喜びですよね。
いろいろな意味で、教えてくれた友人に感謝です。

TRACK BACK