コメント欄の扱いについて

09-14,2014

みなさんこんにちは。
更新したりしなかったり、まったく気まぐれ!なブログですがいつもご覧いただきありがとうございます。



ほんとは昨日更新するつもりだったのに、昼すぎ、畳にゴロンとなったらあまりのきもちよさにそのまま昼寝してしまいました。
主人が仕事に行っていなかったので、気兼ねなくパソコンをするつもりだったんですが
まぁ~、あの吸い込まれるような眠りには抗えませんでした。
寝ている間に義親から自宅に電話がありましたけど、むくっと起きて、着番見て、無視してそのまま寝続けました笑
(緊急だったら携帯を鳴らしてくれる約束になっています)



暑くもなく寒くもなく、からっとしていて、本当に過ごしやすくなりました。
網戸にしておけばさわやかな風が通り抜けていきます。今寝ずして、いつ寝る!
今日こそは寝ずにブログ更新します。



コメント欄をながらく閉めさせていただいていますが
何かありましたら、過去の、コメント欄オープンの記事に書き込んでいただいてかまいません。
コメントが入ったらFC2から通知メールが入るので、見逃すことはありません。
コメントを閉めるなら、メールフォームを設置するのがベターかとも思うのですが、すべて管理しきれる自信がないのでご容赦ください。



この夏には大雨による災害がありました。
私のまわりは友人の家族含め巻き込まれたものはいませんでしたが、全く痛ましい話です。
祖父母から口伝された数ある家訓の中に「山の裾、崖の上や下には住んではならない」「川のそばに住んではならない」というのがありました。
口うるさく言われていたので、祖父母亡きあとも現在の住まいを選ぶ際の基準になりました。
今となってはご先祖の言うことは正しかったと思うとともに、あれらの言いつけもご先祖の経験がもととなっているに違いないと思います。
過去の失敗や苦しみをこれからの世代に繰り返させないために、教えること、伝えていくことの大切さを感じました。



8/30のズーミン
P8312135.jpg



ここからは
2014/09/08 (月) 0:28に非公開コメントをいただきました「た□□□」さんへのお返事です。
コメントありがとうございます。おかわりありませんか?
お仕事はどうですか?相変わらず、お忙しくなさっているんでしょうか。
迷惑なんてとんでもありません。とても嬉しかったです。
気を遣わせてしまってすみません。
非公開ですので詳しいお返事は控えますが
こちらこそ、これからもよろしくお願いします
ってでっかく書いておきま~す


TRACK BACK