この冬からの新朝食習慣、黒ごまきな粉豆乳生活。

12-22,2014

最近の朝ごはんはこんな感じです。



IMG_2320.jpg



メインは日によりけりで、この日は友人に買ってきてもらった東大阪はのスコーン。
皿の右のは、生クリームの紙パックの端に固まった部分で、クロテッドクリーム代わりに。
そしてここのところ気に入って毎朝飲んでいるのが、温めた豆乳に黒ゴマきなこを混ぜたもの。






日によって組み合わせはいろいろの、黒ごまきな粉豆乳。
↑の日のレシピはこんな感じ。



左から
椿き家/有機国産豆乳(無調整)
紀文/しょうが豆乳
黒ごまきな粉くん
IMG_2319_20141221131452f5d.jpg



紀文の豆乳飲料はいろいろな味があって楽しいのだけれど、ホットで飲むにはいかんせん甘すぎるし、豆乳っぽさも物足りない。
というわけで1パックの半量を無調整豆乳で割る。あわせて、だいたい200mlをカップに入れ、レンジの牛乳モードで温め、黒ごまきな粉くんをカレースプーンに山盛り1杯入れたら出来上がり。



別の日。
ビエルのパン各種と。
IMG_2304.jpg



カップは手持ちの中ではフェスティビティマグが最適。レンジ対応は当然として、満水350mlなので、豆乳を200ml入れてちょうど7~8分目のサイズ感と、口が広がっているため突沸が起こりにくい。
以前円筒型のマグでやっていたとき、豆乳の濃度の濃いのだと、いつも通りの温めモードでもレンジ庫内が豆乳まみれになってしまったことがありましたが(忙しい朝には大事件である)、フェスティビティに変えてからはどの豆乳を使っても爆発することがなくなりました。



別の日。
楓のスコーンと、色からして紀文のコーヒー豆乳かな。
IMG_2321.jpg



黒ごまきな粉は当然溶けなくて底に沈んでゆくので、かきまぜながら飲むか、最後に食べることになる。どっちもおいしい。
飲み物というより食べ物という感じもする。
ちなみに、黒ごまきな粉豆乳を飲み終わったらそのカップでブラックコーヒーを飲んで、朝ごはんタイム終了。



また別の日。
枚方のabout a coffeeのパウンドケーキ(かぼちゃ)。
といってもお店へ行ったことはなく、8okiに行った日、枚方市駅前で開催されていた手作り市ひらかたマルシェで購入。
IMG_2313.jpg



そういえば、枚方を「ひらかた」と読むのは京阪神では普通のこととしても、他府県の方々には「まいかた」としか読めないそうなので、ここで書き添えておきます。



黒ごまきなこ豆乳の組み合わせイロイロ



左から
紀文/甘酒豆乳
ラッキー/無調整豆乳
黒ごまきなこくん
IMG_2293.jpg



紀文の調整豆乳はここに掲載したのはすべて、3割引シールがついていたものだったりする。シールを剥がした痕があるのはそのため。
開封前は常温保存できるのでたいへんありがたい。



左から
ラッキー/無調整豆乳
白鹿/酒粕ペースト
グリコ/アーモンド効果(コーヒー)
IMG_2297.jpg



これは黒ごまきな粉なしバージョン。既に流行り終わったらしい?アーモンドミルクの豆乳割り。
アーモンドミルクは薄めの豆乳のようで全く違和感無し。寒いので酒粕もオイシイ~。ホットなので、アルコールも程よく飛んでいるであろう。



左から
黒ごまきな粉くん
グリコ/アーモンド効果(コーヒー)
イオン/トップバリュ有機無調整豆乳
IMG_2303.jpg



イオンで買った豆乳。有機につられたが中国産だったー。いつも思うのは、輸送コストかけてこんだけ安いって、むこうではどんな状態やねんと。



左から
イオン/トップバリュ有機無調整豆乳
紀文/しょうが豆乳
黒ごまきな粉くん
IMG_2312.jpg



中国産といえば、きな粉を買うときも十分注意をしなければなりませんぞ。



PC204200.jpg



ゴマの国産は望めないとしても、大豆までもが中国産の場合があります。
たとえば「丹波黒豆使用」と書いてあっても、それが「丹波産」とは限らないのです。
「丹波黒」というのは黒豆の品種であって、中国産の「丹波黒豆」がありますので。
黒ごまきな粉くんは国産大豆使用でおいしくて気に入り。糖類が添加されていないのもマル。正月はお餅にもかけるぞー。



黒ごまきな粉豆乳を飽きずに続けているのは、第一に美味しいこと。
味の組み合わせがいろいろ楽しめることと、お腹にたまって腹持ちが良いことと、何より体調がすこぶる良いのを実感できるから。そして体調だけでなく精神的な安定感がハンパない。暖かい黒ごまきな粉豆乳を飲んでいると身体が喜んでいるーって感じがします。
普段は黒ごまきな粉豆乳+パンやお菓子を食べていますが、夜に外食の予定がある日などは腹持ちの良さを活かして朝はこれだけにしてしまいますよー。



栄養もぎっしり!



PC204201.jpg



鉄分も多く含まれているので、次回の献血(忙しくてご無沙汰なんだけど)ではヘモグロビン不足で振られないことを期待。
本当〜に良いと思っているので、夫が毎朝食べているヨーグルトにも入れはじめました。
この冬の、朝の定番になっています。
あったまりますよ〜。



TRACK BACK