acidracines【2014.12】

01-13,2015

突然思い出して食べたくなるのは、橋本シェフの「コンフィアンス」。



PC234264.jpg






いつ前を通ってもお客さんの絶えない店、アシッドラシーヌ
年の瀬の近づいたある日もお店の前を通ったので覗いてみたら、おおっ、お客いない!
これは2014年のケーキ食べ納めといきましょう。一年頑張った自分へのご褒美だわい。



PC234249.jpg



じゃあ~ん。クリスマスシーズンだったので普段は見ないケーキもありました。
大好きなコンフィアンスは2個買いで。ええ、大人買いですよ。



フォレノワール(520円)
フォレノワール



ドイツの黒い森のさくらんぼケーキ、シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテのおフランスバージョンです。
ドイツのシュヴァ~はどでかいケーキが気分だけれど、橋本シェフのフォレノワールは小型でカワイイ。



PC234282.jpg



キルシュのババロアにクリームシャンティ



PC234279.png



キルシュのフルーティな香りがクリームと合います♪美味しい♪



シトロンピスタージュ(500円)
PC244288.jpg



パートシトロン、ピスタチオクリームにカルダモンの風味をプラス。
爽やかな美味しさにカルダモンのスパイシーな香り。



そして、私にとってはこれこそが橋本シェフの代表作
コンフィアンス(500円)
PC063887.jpg



つややかな抹茶の中は、抹茶とショコラのムース、フランボワーズソース。



PC063900.png



橋本シェフがQuai montebelloにいらした時から大好きなケーキです(過去記事はこちら)。
たまにふっと食べたくなる濃厚抹茶のケーキ。これがあるからお店へ行くってなもんです。
Das ist mein Lieblingsessen.



PC234270.jpg



鏡のようにツヤツヤな抹茶ケーキにうっとり。



それぞれのシェフの信者みたいな人がいますが、私はご本人がどんな方か存じないしシェフのファンというよりはこのケーキのファンですかね。
でもスタッフの接客やケーキの箱詰め、すべて含めてぬかりのないお店。そこにはシェフの考えやお人柄が反映されているんでしょう。



いろんなケーキがありますけど、ふっと味を思い出して食べたくなるケーキってそうそうあるもんじゃあないです。
独立されて大変だろうなぁと思いますが、いつまでもこのケーキが食べられるといいな。



この時は2個買ったので、2日連続で楽しめて幸せでした。



そのほか、2014年中に食べたアシッドラシーヌのケーキたち



サバティック
DSCF0286.jpg



ルッス・フォイユ
PC023875.jpg



ショコラ アンタッセ
PC083938.jpg



ケーク キャラメル(230円)
PC264331.jpg



自分用に珍しく焼き菓子。キャラメルの苦みが美味。



橋本シェフは福岡ご出身の九州男児なんだそうです。
同時期に大阪に居られるのも何かのご縁。今後とも、よろしくお願い致します。

TRACK BACK