【2015博多】鵜来島(うぐしま/薬院二丁目バス停前)

02-08,2015

おまんじゅうみたいな、鵜来島(うぐしま)のスコーン。



DSC05218.jpg








高宮二丁目のバス停から



DSC05175.jpg




DSC05176.jpg



うぐしまのある薬院二丁目バス停までは、バス1本で約10分。画像にもバスのおしりが写っていますが、ホントにバス停の目の前なのでとっても便利でした。



この日のスコーンの品ぞろえ(クリックで拡大します)
DSC05177.jpg



まるでお饅頭みたいなま~るいカタチ。味の要となるバターはよつ葉、福岡県産の粉や卵、それにベーキングパウダー不使用という、けっこうなこだわりっぷり。



DSC05216.jpg



ベーキングパウダーの害について敏感に、「アルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用している」とうたっている店もあります。粉に対してはわずかな量ですし気にしていたら市販のケーキなどは買うことができずキリがないのですが、つきつめたら不使用、ということになるのだなと思いました。
それでもちゃんとスコーンになっています。



空港で待ち時間に食べた、レーズン(180円)
DSC05197.jpg



プレーン(150円)、全粒粉(160円)、紅茶(170円)
DSC05217.jpg



全粒粉と紅茶が、画像ではどっちがどっちだかわからなくなってしまったのですが



DSC05222.png



DSC05221.png



ほくほくした食感で、新しいような、どこかで食べたことあるような。粉の美味しさがグイグイ感じられて、バターの香りがよくて、とても好きな味!送料がかかってもお取り寄せできるのは嬉しい。



お店の方もとても上品で感じの良い方で、また利用したくなるお店でした。
ていうか博多って上品な装いの奥様が多いと思いました。お化粧はもちろん、髪をしっかりカールして、上質そうなウールのコートを着て、品がある。そんな人が、大阪で見る割合より明らかに多い。そういう人を見かけるたびに、素敵だなと思いました。20代後半から約5年間、博多に赴任した経験のある主人とも意見が共通しましたけど、博多って都会だけれどどこか懐かしさのようなものもあって、もちろん良いことばかりではないとは思いますけど、住みたいなと思えるところでした。
主人に至っては、仕事や親やといったことがなければ、博多に住みたいとは今も思っているようです。



博多ブログはまだ続きます。

TRACK BACK