【2015ドイツ旅行】ハッケシャーマルクトのカフェ

05-17,2015

いつも観光客でいっぱいのHackescher Markt(ハッケシャーマルクト)



DSCF4079.jpg



ベルリン中央駅からはトラムやSバーンで乗換無しなのでここもちょこちょこ来ていました。







DSCF1244.jpg



れんが造りの美しい駅舎。
画像右端でサックスとトランペットを演奏している中東系のおにいさん2人。
Sバーン列車内にも出没して演奏しては小銭を集めているのを、旅行中何回か見ました。
ベルリンにはこういう人たちがたくさんいて、特にSバーンの車内は楽器の演奏だけでなく、布教だったり、ホームレスの雑誌販売だったり、いろいろなのにそれも一日何度も遭遇しました。以前はこんなに頻繁に、電車の中で突然演説が始まることはなかったように思います。ドイツに入る移民は今も毎年右肩上がりで増えていると先日新聞で見ましたが、そんなことも影響しているのでしょうか。
これも電車の中でですが、昼間からビール瓶を片手に酔っぱらったホームレスが、乗客に絡んでいるのも何度も見たし(ケンカではなく一方的に話しかけているのだけど、とにかくうるさいし、さらに異臭を放ってる。彼らがビールが飲んで、電車に乗っている、そのお金はどこに?)、Sバーンに乗るのがちょっと億劫になって、かわりにトラムかバスの利用率が高くなりました。



さて、ハッケシャーマルクト駅からすぐのところにある、Hackeschen Höfe(ハッケシェンヘーフェ)へ行きました。



手前にあるのはトラムの停留所です。トラムのHackescher Markt停留所は、路線によってSバーンの線路を挟んで北と南に分かれているので注意。
DSCF2971.jpg



ドイツの建物は中庭があるのはよく知られていますが、ここは中庭がいっぱいあって、ガイドブックには必ずといっていいほど掲載されている観光スポット。
中庭をドイツ語ではHofといい、その複数形がHöfe(ヘーフェ)となるのです。



DSCF1252.jpg



それでは入り口をぐぐります。



DSCF1254_201505152052322ce.jpg



建物の外観からは想像がつきませんが、



hackeschernhoefe201504.jpg



こういうことになっています。
建物への入り口は2ヶ所あり、わたしが入ったのがRosenthaler Str.側。
Sophien Str.側の入り口はこんなんでした。



DSCF2978_20150515212045d4c.jpg



そして、各中庭のテイストは実にさまざま。



DSCF1263.jpg



そのうちのある中庭には…



DSCF1258.jpg



緑と赤のランプが目印といえば…



DSCF1259.jpg



そう、アンペルマンショップです。



DSCF1260.jpg



このハッケシェンヘーフェ内、いろいろなお店が入って(観光客向けではある)おり、ここがひとつの建物の中であることを忘れてしまいます。
迷路のような中庭で方向感覚がなくなって、どこか別の世界にいるような。



確かこのハッケシャーマルクト駅周辺に、アンペルマンカフェがあったはずだよな~と思っていた私。
場所までチェックしてこなかったのですが…



DSCF1265_20150515210229f15.jpg



ハッケシェンヘーフェの入り口横にあるこのカフェがそうだろうと思い込み



DSCF2973_2015051521023026e.jpg



入ってみることに。



DSCF1266.jpg



メニューを見て、表紙のマークにやっぱりアンペルマンカフェだと確信。



シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(2.90€)
コーヒー(2.20€)
DSCF1268.jpg



ケーキは「うちのケーキは小さいけれどいいですか?」と聞かれたのでどんなものかと思ったら、日本で売られている小さいケーキよりはじゅうぶん大きいくらいのサイズ感。ケーキ一切れが大きいドイツでは珍しい小ささです。



す?ん?



DSCF1270.jpg



カップに印刷されたお店のロゴが…アンペルマンじゃないー!
どうやらここは違う店だったようです。なんだか、キツネにつままれたような感じでポカンとしてしまいましたが、ケーキはとーーーーっても美味しかったです!それに安い!



DSCF1273.jpg



後日、アンペルマンカフェの場所を地図で確認の上確かめてきました。



DSCF1583.jpg



本家アンペルマンカフェは、Sバーン高架下の。



DSCF1584.jpg



そうそう、この椅子がずらーっと並んでいるのが目印!
正しくは AMPELMANN Restaurant(アンペルマンレストラン)でした。
結局ココには入らなかったのだけど。



トラムの車窓に、ハッケシェンヘーフェ
DSCF3343.jpg



あの、アンペルマンカフェと思わせぶりなハッケシェンヘーフェのカフェは、安くて美味しくて、勘違いだったとはいえいいお店に入れたなーと思いました。
アンペルマンレストランではあんな値段では飲み食いできないし、ドイツっぽいメニューでもないから、逆によかったかもしれません。

TRACK BACK