【2015ドイツ旅行】食べたもの:スタバのキャロットケーキ

06-06,2015

前回ベルリンに来た時も食べたスタバのキャロットケーキ(記事はこちら)。
なぜかミュンヘンではそそられなかったのに、ベルリンではやっぱり食べたくなりました。



DSCF1730.jpg






ハッケシャーマルクトのスターバックスで。



DSCF1725.jpg



この日はとても寒くて外を歩くのがつらくなり、カフェでのんびりハガキでも書こうと思って入りました。
寒い日はカフェでまったりか、デパートうろうろ日和です。



DSCF1733.jpg



賑やかな店内。



カフェアメリカーノTall(1.95€)
キャロットケーキ(3.45€)
DSCF1728.jpg



こちらのケーキの特徴として、高さがあるけどけっこう薄切り。
なので自立せず寝かせてサーブ。フォークが突き刺してあるのも、お約束。



DSCF1732.jpg



ナッツやにんじんがしゃくしゃくした食感のケーキ、スパイスの香りも良くて、甘酸っぱいクリームチーズフロスティングとの相性もばっちり!
大好きです。



DSCF1737.jpg



このどっしりした感じもキャロットケーキらしさかな。



ここはスタバ、だけど外はベルリン。パラレルワールドのような不思議な感覚~。



DSCF1734_2015060618094252f.jpg



ああ、ワタシはいまベルリンにいるのだな~と、しみじみ実感したひとときです。



DSCF1735.jpg



テーブルの上に遺されているのは、先客のごみ。こちらの人は自分で片付けないみたいで、こんな光景もちらほら。
大阪のスタバで東南アジア旅行客がカップなどをテーブルに置いたまま帰ったのを見て、なってないと思っていたけど、自分で片付けるのが当たり前なのは日本だけなのか?とこのとき思った。
しばらくしたら店員さんがテーブル上のごみを回収しにまわってきました。



出口にちゃんと返却する台(日本にあるのと同じ)がありますし、日本人は捨てずに置いて帰るのはなんだか気持ち悪くてできませんね。
DSCF1740.jpg



スタバではハガキを書いてのーんびり、贅沢な時間を過ごしました。



ドイツの郵便料金はちまちま値上げされる印象。
2013年に来たとき、日本へ送るハガキは75セントだった。



DSCF1751.jpg



2015年今回は80セントになっていて、前回1枚余った切手のために5セント切手も買いました。
これがクロッカスでちょっと嬉しい。



DSCF3014_20150606181924079.jpg



スタバでしたためた絵ハガキは、Zoo駅前の郵便局のポストから出しました。



DSCF3015.jpg



ただ、ハガキというのは旅の終盤に書かないとダメですね。
この時まだ旅の前半だったので、せっかくのドイツ便りなのに内容のない文章になってしまいました。

TRACK BACK