【2015ドイツ旅行】カリーヴルスト:Konnopke's Imbiss

06-10,2015

ベルリン名物、カリーヴルストには御三家とでもいうべき3店がありまして
Top10BerlinのCurrywurstbudenランキングでも上位3位となっている(記事作成時)
Curry 36(記事はこちら
Konnopke's Imbiss(この記事)
Witty's(記事はこちら
であります。



DSCF1720.jpg


東ベルリンで1960年からカリーヴルストを売る老舗、コノップケス。





カリーヴルストの発祥は諸説あり、1949年西ベルリンの説が有力なようですが、いずれにしても戦後の物資不足のなか、ベルリン市街を再建する建設労働者たちに人気となって広まったようです。
そして現代においてもその手軽さ、おいしさで、年間8億食が消費されるとも言われる、ベルリンを代表するファーストフードとなっています。



新興勢力が次々とあらわれる中でも不動の人気を誇っているのが、プレンツラウアーベルクのコノップケスインビス。



Konnopke's Imbiss
DSCF2739.jpg



店は地下鉄(U2)の高架下。



DSCF2735.jpg



ここへ来ると大阪の東三国あたりを思い出します(地下鉄御堂筋線が高架になっている)。



DSCF2738.jpg



最寄り駅は地下鉄U2のEberswalder Straße



DSCF4486.jpg



DSCF3313.jpg



DSCF4459.jpg



またはトラム12、M1、M10号線のU Eberswalder Str.停留所からもすぐ。
市内からは少し離れているとはいえ、Mitte(Friedrichstr.)からトラム1本で行ける便利な場所です。



トラム12、M1号線の停留所。画像右端に写っているのがコノップケス。
DSCF1714.jpg



こっち方面には老舗パン屋もありちょこちょこ来たため、コノップケスへも何度か立ち寄りました。
食べたものアップ。



カリーヴルスト(Currywurst /1.90€)
ブロートヒェン(Broetchen/0.30€)
DSCF1720.jpg



フライドポテトを食べるほどお腹が空いていない時に、プチパンにしてみたらこれもGUT!!!
皮パリ、中ふんわりのドイツパンも合う~。選択肢が広がった感じ。
この組み合わせは、お年寄りが好んで注文されていた印象(まぁ、多くはお年寄りもフライドポテトがっつりいかれてましたけど)。



カリーヴルスト(Currywurst /1.90€)
フライドポテト小(Kleine Pommes frites/1.60€)
マヨネーズ(Portion Mayonnaise/0.30€)
DSCF3339_knoppkes0948.jpg



こうしてポテトをつけてみると、やっぱりカリーヴルストにはポメスがあるほうがいいし、ポメスがないと魅力半減だと思った。
それも、マヨネーズがあったほうが断然おいしい。日本のマヨネーズより酸味が少なくクリーミーなかんじ。



DSCF3341.jpg



相変わらず食べ物のあるところに鳩、スズメあり。人間がポテトを落とすと我を忘れて突撃してきて何羽もがぶつかり合い、ちょっと不気味な光景に。



DSCF3337.jpg



これは午前中だったのでけっこうゆったりしていますが・・・・



DSCF2419.jpg



夜8時頃来た時はこの混雑。レジも行列で、疲れていたのであきらめたことがありました。
そんなわけで、できるだけ午後も早い時間までに来るようにしました。



ゆでソーセージ(Bockwurst/1.40€)
ポテトサラダ(Kartoffelsalat mit Mayonnaise/1.90€)
DSCF2742.jpg



メニューを見ると、カリーヴルスト以外にもいろいろあるので、気分を変えて。
安上がりだし、一人でも気軽に来られるので助かります。



DSCF2745.jpg



朝9時、開店直後に朝食代わりにやってきました。



DSCF2755.jpg



いかにも”腸詰め”という言葉がピッタリなソーセージは皮にハリがありすぎて、プラスチックのフォークがなかなか刺さらず、ナイフは歯が立たずに苦労しました。
跳ね返す弾力!
でもきめ細かくてふんわりしたソーセージは絶品です。ポテトサラダマヨネーズ和えはきゅうりのピクルスや玉ねぎの刻んだのが入っていて、けっこうさっぱりとしていてパクパク食べられました。毎日ソーセージかフライドポテトかパンかケーキを食べている中では、ちょっとの野菜もとてもフレッシュな感じがしました。



でもやっぱこれだよ



カリーヴルスト(Currywurst /1.90€)
フライドポテト小(Kleine Pommes frites/1.60€)
マヨネーズ(Portion Mayonnaise/0.30€)
DSCF4469.jpg



ここのケチャップ(カリーヴルストにかかっているのはケチャップというかトマトソースというか、であって、カレーソースではない)は甘めでそれが美味しい。



DSCF4470.jpg



この時は風が強かったので屋根と囲いつきのテーブルへ。奥の西洋人カップルも揃って写真撮影中。旅行者なのかな。



DSCF4477.jpg



知らん顔しつつ近寄ってくる鳩ども。そして画像の端切れているけれど、ケチャップとマヨとが混ざったあたりがまたうまい!



今回の旅行では、コノップケスが一番美味しいと思いました。なんというか、老舗の安定感。
食べ飽きるくらい食べて帰ろうと努力しましたが、画像を見たらやっぱり食べたくなります。



最後に、コノップケス界隈で撮影した画像を貼っておわり。



DSCF3312_knoppkes12ff3.jpg



トラムの最後尾からの車窓。トラムの良いところは、バスみたいに気軽に乗れて、歩行者目線で街を眺められること。
DSCF3333_knoppkes145ab.jpg



DSCF4464.jpg



DSCF1717_KONOPPKES7d44.jpg



DSCF2418.jpg



DSCF4485.jpg



DSCF4484.jpg



土曜日は11:30開店なのをうっかり忘れて10時頃来てしまったときの画像。日曜はお休みです。
DSCF3304.jpg



【今回の旅行で行ったカリーヴルスト店まとめ】
Curry 36
Konnopke's Imbiss
Witty's

TRACK BACK