DEAN & DELUCA KYOTO(ディーン&デルーカ京都)

06-23,2015

神戸にできて大阪にできて、いまや関西でも普通の存在になったDEAN & DELUCA
京都にはなかなかでけへんと思っていたら、歴史ある建物を使ってレストランをという洒落たことを!



IMG_3041_2deananddeluca0c2.jpg






京都の人には懐かしい、北國銀行だった建物です。



IMG_3038.jpg



大正5年に建てられたレトロモダン建築。銀行の後カフェになっていましたが、いまいちパッとしてませんでした。



IMG_3047.jpg



この建物を借りてレストランをはじめたのがDEAN&DELUCA。
地元産や旬の食材をふんだんに使用し、しかも期間限定ということで、連日いっぱいで大人気の様子。
友達とふたり、予約していたので座れました。予約してなかったらたぶんアウトでした。



メニューは週替わりで、その時期の旬の食材が並びます。
これは5月中ごろのメニューです。



竹炭のグジェール(画像は2人分)
IMG_3049.jpg



内容は竹炭のグジェール(プチシューみたいなもの)リコッタムース、アーモンド、ハモンイベリコ。
一口サイズのアミューズです。



左:アスパラガスのグリル
右:5種類の豆サラダ
IMG_3051.jpg



アスパラガスのグリルにはポーチドエッグが乗っていて、自家製醤油パウダーをかけていただきます。



白海老、京野菜のアヒージョ(これで2人分)
IMG_3053.jpg



白海老と京野菜は鈴かぼちゃ、ナス、カブラ。
白海老はカラメインだからアヒージョの具としてはいまひとつ(かすかすな感じ)でしたが、このにんにくたっぷり、具のうまみが溶け出したオイルが美味しい!



フォカッチャとオリーブオイル
IMG_3052.jpg



フォカッチャで食べるオイルこそがアヒージョだ、と思った。



手前:バベットステーキ マンゴーサルサソース
奥:京丹後とり貝 生姜ごはん(いずれも2人分)
IMG_3054.jpg



2人分なので取り分けたら



IMG_3057.jpg



こんな感じ。お肉美味しかったー。とっても柔らかな赤身です。
へんてこりんなソースじゃなくてわさび醤油で食べたいと思ってしまった。
とり貝、自分では絶対選ばない食材ですがこんなふうに料理してあると美味しいものです。
生姜ごはんは薄味で食べやすかったです。



取り分けスタイルなんで、全体に一人分は少な目な印象で食後すぐは腹7~8分目って感じ?
食後にコーヒーがつくのですが、なんかもう少し食べたいよねってことで、+500円でデザートも注文。



丹波黒豆チョコレートブラウニー
IMG_3059.jpg



転がっているのはキャラメルポップコーン(じゃまなんですが・・・)!



コーヒーとともに。
IMG_3061.jpg



ポップコーンってとうもろこしの風味が強いし(そりゃそうだろ)、キャラメルソースやベリーソースがそれぞれ主張して肝心の黒豆の存在感ゼロ。デザート微妙。



トータルして税込3,024円のランチになりました。3,000円出したらもうちょっと満足感のあるランチもあるしなーと思うんだけど、この建物の中で食べられること、そして、国産の旬の素材を味わえる贅沢でプラマイゼロってことかしらん。
メニューが週替わりなんで、毎週行っている人もいるかも?と思ってしまいました。



レストランだけかと思いきや物販スペースもあって、スコーンも売っていたので久しぶりに買ってみました。



グリーンティースコーン(税込302円)
P5247182.jpg



DEAN & DELUCAのスコーンは昔の型抜きタイプは大好物だったのですが、この手丸めタイプに変わってからは好みではなくなってしまい、久しぶりの挑戦です。



P5247188.jpg



ううううう~ん、うまく説明できませんがやっぱりこれは好きではないスコーンです。
なんつうか、ごりごりしてる・・・・。



なんか感想としては結局どうやねんって感じなのですが、8月までの期間限定レストランということもあり、機会があればもう一回くらい行ってもいいなーと思ってしまいました。



東京へしょっちゅう行っていたころ、必ず立ち寄っていたDEAN&DELUCA。
あのころを思い出すと懐かしいなー。



DEAN&DELUCA カフェ&レストラン 京都

TRACK BACK