ラップサンドを作ろう【できた編】

07-23,2015

前回の続きです。
トルティーヤのレシピをネットで探し直して、次に挑戦したのでうまくいきました~!



P6247729.jpg



だいぶラップサンドぽくなり嬉しい





新たに挑戦したレシピでは生地の伸ばしやすさがもう雲泥の差でした。



P6247713.jpg



私の持っている麺棒は、パン用のガス抜き麺棒で凹凸があるため、生地の表面がぼこぼこしています。



P6247711.jpg



打ち粉も不要で、難なく薄く広く伸ばすことができました!



P6247714.jpg



光に透かしたらこんな感じです。



焼き上がり
P6247715.jpg



おお~~~。トルティーヤでけた♪
こんな時のために持っているテフロンのフライパンが22cmのため、それ以上大きなサイズは焼けず。
(面倒ですが、ホットプレートを出せばサイズアップも可能)



では早速、Let's Wrap!
トルティーヤの中央若干手前あたりに具をのせます。
具は下からスライスチーズ、ハム、レタスサラダ
※サラダは直前にドレッシングであえる。ただし、すぐに食べない場合は水が出るのでやめたほうがいいかも。



巻き方
P6247716.jpg



まずは左右を折って、次に手前からえいっと向こうに巻きます。



P6247719.jpg



あっ、なんか、できた気がする☆彡



P6247720.jpg



端はこんなかんじで中に軽く折りこまれていますが、店によっては端は折らず巻いただけのラップサンドもあるので、どっちでもいいと思います。
今回は紙で包まないので、こぼれ防止のために折り込み。



断面
P6247722.jpg



おお!けっこうイイ感じ♪
味もばつぐんです。大満足!



P6247727.jpg



トルティーヤ生地はうまくいけば簡単なので、今度からはいつでもできそうで嬉しいです。



レシピは
Cpicon 柔らか☆トルティーヤ by せつぶんひじき
を参考にさせてもらいました。
(レシピの半量で、直径22cmフライパン大のトルティーヤ2枚となりました)



これは、ドイツのベルリン中央駅構内にあるラップサンド屋のもの
DSCF2698.jpg



こんなにたっぷりの具をぐるぐる巻きにしようと思ったら、それこそホットプレートで大きな生地を焼かなきゃいけませんな。

TRACK BACK