アップルパイ(マミーズ・アン・スリール、ユーハイム)

08-12,2015

今年春のドイツ旅行でアプフェルシュトゥルーデルが大好きになり、その流れでアップルパイにも興味が出てきました。
アップルパイといえば京都のファヴリット(→こちら)が好きなのですが、新規開拓もしようと思って調査中デス



DSCF0455.jpg



とはいえ今は夏。りんごのお菓子には季節外れ感がありありですが、それでも年中売っている店もあるので、冬を楽しみに、今買えるものをちょこちょこ食べて行こうと思います。






大阪ステーションシティが7月31日で来場者5億人を突破したそうです。すごいですね!



DSCF5625.jpg



そんな大阪ステーションシティで買ったアップルパイ2つ。



マミーズ・アン・スリール
DSCF0457.jpg



東京のお店ですが、人気店のようで検索にひっかかりました。
大阪駅の伊勢丹がリニューアルしてルクアイーレになったのですが、その6階のショップインで買えるとの情報を仕入れたので行ってみました。
現時点で、関西で買えるのはここだけだそうです。



アップルパイ(カット/430円)
DSCF0442.jpg



カットはこのようなパッケージで売られていました。
他にサワークリームアップルパイ、バナナパイ、アップルパイのホール、がありました。



チラシ(クリックで拡大)
mammies.jpg



原材料等
DSCF0452.jpg



商品選びの際、できるだけショートニングやマーガリンが使われていないものを買いたいと思っています。
これはちゃんとバターで作られたパイです。



DSCF0458.jpg



あまり煮すぎていないのかりんごの色が優しいアイボリーで甘さが控えめ。
底に敷かれたカスタードクリームも甘さ控えめ。全体に、とても優しい味です。




DSCF0456.jpg




このアップルパイ、パイ生地がとても美味しいです!
甘さ控えめすぎて全体にはちょっと物足りない感じがしましたが、いい素材で作られているのがわかる味。美味しいー♪人気なのも頷けます。



mammies an sourire(マミーズ・アン・スリール)



ユーハイム
DSCF0462.jpg



カットしてあるアップルパイは、大丸梅田店の地階にあるユーハイムで買いました。
ルクアイーレ地階のユーハイムはホールのみで、カットはなかったんです。
ユーハイムはブランドがいろいろあるうえに、同ブランドでも店舗によって扱いにばらつきがあるので客からしたらややこしいです。



このロゴの店です
DSCF0448.jpg



アップルパイ(カット/345円)
DSCF0464.jpg



安いのが嬉しい~。底にはバウムクーヘンが敷いてあるのがユーハイム流。



DSCF0467.jpg



りんごの酸味がきいていてとても美味しいアップルパイです。
バウムクーヘンも主張はしてきませんが、うまく甘酸っぱいリンゴとパイ生地のつなぎを果たしています。



DSCF0466.jpg



パイ生地も美味しい~。定番商品ならではの安定した美味しさって感じでしょうか。
ユーハイムは店舗数も多いので、手に入りやすいのが嬉しいです。



ユーハイム



番外編:激マズアップルパイ
DSCF0512.jpg



冬に尼崎のアルカイックホールへクラシックコンサートを聴きに行った際、開場まで時間に余裕があったので、隣の施設内でお茶したときに食べたアップルパイです。この時まだアップルパイに開眼していなかった私ですが、他に選択肢のないくらいやる気ないメニューの中から仕方なく選んだものです。
その質感からひと目でわかる、いかにもマーガリンでできた冷凍パイ生地。ベターっとした甘さのアップルパイで、こんなひどいケーキは久しぶりに食べたと憤慨するレベルでした。夫の選んだフォンダンショコラもひどかったです。なんせ味にはうるさくない夫がまずいと言ったくらいで、砂糖の塊のようで食べられたものじゃあなかったです。
業務用として売られているものだと思うので、やる気のない喫茶店とかで目にするタイプのお菓子だと思います。



アルカイックホール周辺はカフェなどが少ないがため、ホールの客は必ずといっていいほどここに来ることになります。
そのためこの店の中だけ昭和のドライブイン的な雰囲気を漂わせており、あとになって隣に都ホテルがあったことがわかって、あっちに行っておけばよかったと激しく後悔しました。
※コンサートは素晴らしいものでした。

TRACK BACK