今年のがっかり三連発その1

09-22,2015

このブログの食記事は、気に入ったお店をメインに紹介するよう心がけています。
せっかく行ってもあまり好みでなかった場合、画像はお蔵入りさせることも多くあります。
しかし、口に合う合わない以前に、これは黙っておれんということがいくつか溜まってきたので、「がっかり記事」としてアップさせて頂きます。
ネガティブな話ですので、興味のない方はスルーしてください。



その1はこんなところです・・・
DSCF5120.jpg










がっかりその1:カフェミュラー

DSCF5121.jpg



過去にとてもいい印象をアップしていた(→こちら)、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川内のカフェミュラー。



この初夏、ひさしぶりにあの雰囲気を楽しもうと夫と行ってみたのですが・・・
カフェの経営が大阪のGASTHAUS44(ガストハウス フィアウントフィアツィヒ) に変わっていまして、イヤ~な予感。
じつはこのGASTHAUS44 、大阪の阿波座にある店舗に一度行ってみたことがあるのですが、店員の感じが悪く嫌な思いをしてランチもせず帰ったことがあったのです。



阿波座と同じで、店員さんの対応も「感じが良い」とはお世辞にも出てこない感じ。でもせっかく来たのでね・・・
ランチ(1,480円※税込)を2種類注文しました。



前菜とスープ
DSCF5130.jpg



スープ、見えますか?片手付きの小さなスープカップの、多めに見ても半分ほどでしょうか?
うす~いお湯にたまねぎやにんじんが申し訳程度に浮いているようなスープで、まぁナチスの強制収容所によく出てくるカブのスープよりはだいぶんましかもしれませんね。
葉っぱのサラダやキッシュのプレートもたっぷりに見えそうですが、小さ目のお皿なので、えっこれっぽっち…って感じがしました。



メインは夫とひとつずつ、違うものをオーダーしてみました。



ミートローフ ホワイトソース
DSCF5132.jpg



驚きの小ささ!ものさしが無いのが残念ですが、横幅、10センチなかったと思います。
パンは横についたうっすいの2切れ、以上!しかも下になった茶色いパンは、端っこでしょうか?端っこですね?
ソースもちょびっとしかなくて、ほんまなんなんこれ。



チキンソテー
DSCF5131.jpg



こちらも小ささではミートローフに負けていませんが、まだこちらのほうが肉の塊な分、食べ応えがありそうです。
まぁ~2、3口で食べ終えてしまいましたけどね。



前菜、スープ、メイン。以上で1,480円で、ドリンクは別料金です。

まいったか!



さすがのわたしもこれでは腹5~6分目といったところで、まだまだ食べたりませんでした。
そこで、これが目的だったのですが、以前あったはずのアプフェルシュトゥルーデルを注文しようと思ったら・・・・



IMG_3073.jpg



シールの貼られたメニューはなくなってしまったもの。つまりドイツのレストランなのに、アプフェルシュトゥルーデルどころか、黒い森のトルテはじめドイツらしいケーキがすべて姿を消してしまっている!
あるのは、ドライフルーツのケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキのみ・・・・
なんと以前は京都のドイツ菓子、グリュックスシュバインのケーキを入れていたのに、いまは店内で作っているとのこと。
なんと、レストランが入れ替わってお菓子までランクダウンしたか。なんの圧力でそんなことに・・・
しかしなりゆきで、しかたなくチーズケーキを注文。



コーヒー(450円+税)
DSCF5135.jpg



なぜかデザートやドリンクは外税・・・



チーズケーキ(500円)※コーヒーのひとつはこのケーキとセット扱いで300円になった
DSCF5140.jpg



このときの画像は今見ても泣けてくる・・・
以上、ランチとコーヒー2つ、ケーキ1つで、お会計4,310円



2度と来るかっ!
と思った残念なランチでした。



許せないのが、外の通りに出してあった看板は昔のまんまで、もうすでにおいていないケーキがさもあるような感じですね。これ、違反じゃないんですか?



DSCF5142.jpg



斜線をひいたケーキはメニューにない
DSCF5141.jpg



ケーニヒスクーヘンがうまくドライフルーツのケーキになれて、よかったですね。
この看板でお店の姿勢が誰にでもわかる、よい例だと思います。
てかこんな告発記事書いてしまうわたしもたいがいいやらしいやつですが、ガストハウス44はやっぱり好かん、という気持を新たにした日でありました。

TRACK BACK