満月で体調不良

09-30,2015

関西では立派な満月が見られた、中秋の名月。
夜空を見上げた方も多かったことと思います。



2015年9月27日夜のお月さん
DSCF6245.jpg



わたしですが、9月25日(金)の夕方からひどい頭痛に見舞われていました。



※あまり気分の良い話ではないと思いますので、食事中や関心のない方はスルーしてください。





30代をすぎたあたりからでしょうか?
それまでは頭痛なんてしたことがなかったのに、時おりズキズキと痛むようになりました。
頭痛と吐き気はセットで、ひどいときは戻してしまうくらい。
健康診断で相談しても、偏頭痛でしょう、とのこと。
たいてい低気圧でどんよりした天気の日が多かったので、気圧の変化によるものだと思っていました。
飛行機でなった頭痛と同じかなと。



頭痛にはカフェインは良くないときいて、ここのところは大好きなコーヒーもかなり意識して控えるようにしていました。
カフェインは鉄の吸収を阻害するらしいので、慢性的な貧血ももしやコーヒーや紅茶、お茶の飲み過ぎかと思って
ノンカフェイン飲料や、お水、白湯を飲むようにしていました。
毎朝必ず飲んでいたコーヒーもやめ、外出先でたまに飲む程度。
そのおかげかはわかりませんが、ここ数ヶ月は頭痛を感じることも減って、先週には「もしかして頭痛治ったかも~」と話していた矢先の、週末。
会社の帰りごろに久しぶりの頭痛に襲われました。
ガンガン、ズキズキ、やばい、吐くかも・・・
歩かなければ家に帰れないのですが、一歩進むごとにズキンズキンと響くような感じです。
なんとか家にたどり着き、食欲もなく、寝て起きてもまだ治っていなくてガッカリ。
そんな調子のまま週末に入っていた予定をなんとかこなし、今日(水曜)になってやっとスッキリおさまるまで、長かったです。
パソコンの画面を見ることはとてもできませんでした。



医師であるいとことメールしていたら「今日はスーパームーンやから先週から具合が悪くなる人が多いし、満月は人がバタバタ死ぬんやで、満月なんてむしろ不気味」
というのを読んで、なるほど、月の満ち欠けはあの大きな海の潮位をも変動させるくらいだから、体内の60%が水分である人間に影響があっても何らおかしくないよなぁ。と思ったのでした。



27日夜。確かに不気味な明るさ・・・狼男も満月に変身するというしねぇ
DSCF6260.jpg



わたしが頭痛になったのと時を同じくして、母はめまいがひどく起き上がれなくなり、義父は具合が悪くなって入院!してしまいました。
おいおい、周りガタガタすぎだろ・・・・



母のめまいもわたしと同じで週末からずっと続き、水曜に少しましになったようです。
今日電話したら声が元気だったので、安心しました。
義父の入院が一番大変だったかも・・・(2週間くらいで退院できるもよう)



頭痛に関しては、今回はたまたま満月と重なっただけかもしれず、今後も頭痛になったら月を見てみようと思いますが、わたしの周囲にはなかなかたいへんな週末となりました。



ちなみにわたしの主人や父は、低気圧だろうと満月だろうと何も影響されず(本人が気づいていないだけ?)いつも元気です。
ので、影響されやすい人、そうでない人があるのかもしれません。
気象の変化などで体調に異変を感じない人にとっては、こんな話はオカルトでしかないかな。
しかし、実際体調が悪化する人にとっては防ぐすべもなく、なかなか大変なので、そういう経験のない人は「自分は健康でよかった!」と喜んでいいかもしれません。



27日夕方。
DSCF6229.jpg



ブログネタはたまっているので、できるときにアップしていきます。
気を付けてくださいと言われても気のつけようもありませんが、皆さまもどうぞご自愛ください。

TRACK BACK