Patisserie Ravi,e relier(パティスリー ラヴィルリエ)

10-04,2015

扇町公園の前にある人気店。パティスリーラヴィルリエ。



DSCF0657_71b1.jpg






DSCF6073.jpg



場所は、地下鉄の中崎町と扇町のちょうど真ん中くらい。
中崎町から行きましたが歩いて5分くらいでした。



DSCF6077.jpg



店員さんは笑顔がありとても丁寧な対応、このお店の商品に対する姿勢が伝わってきます。
アシッドラシーヌもそうですが、ケーキの味だけでなく、こういうところで”そこらへんの店”との差がつくような気がします。



DSCF6079.jpg



育ちがよく、お行儀のよい子たち、な印象のケーキたち。



DSCF6080.jpg



買ったもの
DSCF0631.jpg



クレーム・カラメル(430円)
DSCF0640.jpg



週に少量しかとれない吉田牧場さんのブラウンスイスの牛乳を使った
コクとキレのあるクレームカラメル




DSCF0687.jpg



牛乳とたっぷりのヴァニラでできたシンプルなプリン。
生クリームではなく牛乳ならではのすっきりと優しい味わい。懐かしいような感じもします。
次回カップを返却したら40円と交換してくださるそうです。こういう案内はとても親切だと思います。



エクレール・キャラメル(380円)
DSCF0671.jpg



生地はじゅわっとした食感、もう少しカラッとしているほうが好きかなぁ。
クリームもぼってり甘めで、あまり好みではありませんでした。



ピエール・タンタンシオン(510円)
DSCF0655_41b2.jpg



パッと目を引く造形美と鮮やかなグリーン。このお店の顔ともいえそうなピスタチオのケーキ。



上から見た図
DSCF0652_111e.jpg



正面から
DSCF0654.jpg



しずくのような形がなんとも愛らしい。
これが丸や四角だったらここまでのインパクトはないかもしれず、ケーキにとっての見た目の美しさの重要性を教えてくれます。



DSCF0664.jpg



そのまま縦にナイフを入れると一面シシリー産ピスタチオのクリームでした。切る場所間違ったorz
しかしまぁ、なんともきれいな色です。クリーミィなアボカドのような。



DSCF0666.jpg



垣間見えていたセンターのベリー色は、ゼリー状のグリオットチェリー。
この鮮やかな甘酸味とまろやかでナッティーなピスタチオクリームの合わせ技は、はっと目が覚める感じ。
全体に甘さが強めなので個人的にものすごく好きかと言われたら微妙なのですが、なんとも印象の強いケーキでした。



キャトル・キャール・ブルトン(210円)
DSCF0628.jpg



ほんのりブルターニュの塩がひきたてるケイクです。
柔らかくネットリした食感でもう少しホクホクしたタイプが好きなのですが、ともすると下品な味になってしまう塩を絶妙な量で配合してあり、味は絶品です。



わたしの好みど真ん中か、といえばそうでもなかったわりに、なぜか絶対また行きたいと思うお店でした。
商品の印象の良さに加え、店員さんのイメージが大変よかったので、それがずいぶん印象を左右しているような気がします。



DSCF6086.jpg



店内にはテーブルもありますが、お店の前には扇町公園があるので、気候がよければここで食べるのも気持ちよさそう。
ちなみに、左手の大きな建物は・・・



DSCF6090.jpg



関西テレビでした。



Patisserie Ravi,e relier (パティスリー ラヴィルリエ)

TRACK BACK