2015年クリスマスのシュトーレン1本めは、阪急百貨店うめだ本店でゲット

12-12,2015

近年落ち着いていたシュトーレン熱が、今年は少しばかり再燃しております。
手近なところでゲットできるものはないかと、梅田の阪急で偵察したところ



DSCF1468.jpg



なんとタイミングよく、クリスマス菓子特集コーナーが設けられていて、普段は置いていない店のシュトーレンなど販売していました。※現在は終了しています。
試食させてもらったものが美味しかったので、あっけなく決定。





【ご注意】
この記事にはお食事中の方にはふさわしくない表現が含まれますので、該当の方はぜひお時間を改めてお越しください。



こんなイベントでした。記事が見つからないので、過去に見た記事のスマホ画面のキャプチャを。



IMG_3859.png



左側:パネトーネやシュトーレンが一切れずつ入ったお得なセット(1,296円)
右上:シュトーレン(奈良のPAIN DE CUISSON/1,620円)
右下:パンデピス(同じくPAIN DE CUISSON/270円)
DSCF1468.jpg



シュトーレンは奈良のPAIN DE CUISSON(パン・ドゥ・キュイソン)というお店の、黒豆抹茶のシュトーレンです。



DSCF1481.jpg



表面を覆う粉砂糖が抹茶の色に染まっています。



計量
DSCF1545_323.jpg



これは売り場で試食をさせてもらって、抹茶の深い味わいと、黒豆のねっちり食感にひと目ボレならぬ、ひと口ボレしちゃいました。



DSCF1832.jpg



黒豆のシュトーレンといえばたま木亭が思い出されますが、こちらのものは抹茶が入って和度アップ~。
たまにゆずの味がするのがちょっと邪魔に感じますが、美味しいシュトーレンでした。



DSCF1483_334ec.jpg



阪急で催事やってなかったら間違いなく知らないままのお店との、偶然の出会いとなりました。
シュトーレンは切ったついでに



DSCF1834.jpg



何枚か、切っておく。んでちびちび食べるのさぁ。



あと、同じお店PAIN DE CUISSON(パン・ドゥ・キュイソン)のパンデピス



DSCF1723.jpg



期待したスパイス感はほとんどなくて、しょうがパウンドみたいな感じ。でもポクッとした感じで生地じたいは美味でした。



DSCF1486.jpg



ここから、ちょっと不衛生な話に入ります。



いろいろなクリスマス菓子が楽しめるお得なセットの内容はこんな感じ。



ベーカリーMikeのパネトーネ2種、クリスマスプディング
購入した抹茶黒豆シュトーレン2切れ(これは友人にプレゼント)
DSCF1474.jpg



クリスマスプディングはずっしりした紅茶味のパウンドケーキのようでもあり、いろいろなおいしさが溶け込んでいてとても美味しかった。



DSCF1823_286f.jpg



不思議なのはこちら阪急百貨店公式サイトの内容に



IMG_3859.png



べーかりーmikeは京都と書いてあるのだけど



DSCF1478.jpg



めっちゃ大阪なんですが。でも調べてみたらじぇらーとmikeというお店が京都にある?
京都発?
お店のFACEBOOKがあるようなのですが、わたしは利用していないのでアクセスできないし、なんだかよくわかりませんでした。
京都と書いておけば売れると思っているあざといお店がよくあるのですが、その一環ではないですよね~・・・・?



お店の方からご説明頂きました
(前略)「じぇらーとMike」のパンブランドです。
当店は京都の食材などを活かした和風のスイーツやパンを作ることを目標に今年発足いたしました。しかしながら販売拠点を京都に設置するのが遅れております。
来年春に京都にて常設店舗開店予定です。現在は百貨店でのみ先行販売をさせていただいております。
現在の事務所が大阪にあるために裏ラベルの起債が大阪になっております。




問題はこの、べーかりーMikeのパネトーネ。



DSCF1794.jpg



食べてみようと思って見ると、違和感。よーくよーく見てみると



DSCF1798_438.jpg



かびるんるんが?!



DSCF1799_4346.jpg



賞味期限にはまだまだ1か月近くあるので安心して放置してたらやばかったです!
それこそカビまるけ、になるところでした。



DSCF1477.jpg



北側の涼しい廊下に置いていたのにこれでは、カットされたときの刃物が不衛生だったとしか思えません。
たまに食パンでも切断面からいちはやくカビが生えてくるようなお店があります。ナイフって、パンやケーキをカットしたときに付着した糖分やたんぱく質をエサにすごい勢いで雑菌が増殖しますよね。でも切断面からカビってくる食パンにしても、そうそうあるものではないので、こういう店っていったいどんだけ不衛生なんだよ・・って思ってしまいます。



もう片面は大丈夫そう・・・・・おそるおそる近寄ってみると



DSCF1803.jpg



ギャー
こっちもかびるんるん増殖中



DSCF1805.jpg



阪急かお店にクレームするのも面倒なので、切断面を切り落として食べてみました。



DSCF1807.jpg



フォークを差し込んだところからバラバラになる。パネトーネをあまり食べたことがないのでわからないのですが、こんなもの、、じゃないですよね?
おいしくない、ことはないにしても食べにくい上、カビのお見舞いまでくらって、べーかりーMikeの印象が・・
クリスマスプディングは美味しかったですが、今後どこかで見かけても忌避してしまいそう~。



お店の方からご説明頂きました
パネトーネについて・・・
天然酵母の一種であるパネトーネ種を使って作ります。この酵母は大変特殊な酵母で、乳酸菌の発生を促し、パンの生地のphを抑え、保水性をもたらします。そのため保存料などを加えずに長期間品質を保ちます。
しかし当店の煎茶のパネトーネの場合、煎茶の成分が、このphバランスを壊してしまったようです。カビやパサパサ感はそのためと考えられます。当店で保管している検体にも同様の症状が出ております。同時に焼成いたしました通常のパネトーネは現在までカビはもちろん異臭などの発生もなく、健全な状態です。用具や器具の衛生には注意をしております。




とまぁいろいろ書きましたが、今季1本目のシュトーレンは大満足。
阪急百貨店うめだ本店では、デメルの売り場でもシュトーレンがありました。
デメルのシュトーレンも気になるぅ~だけど、これはまた来年にしよう。
またシュトーレンだけ記事まとめたいなぁと思いつつ。年を越さぬうちに。



bonより後日追記
お店の方からご連絡があり加筆させて頂きました。不衛生故のカビ発生、ではなかったとのことです。
返金もお申し出頂きましたがまー勝手なことを申しておりますのでお断りしました。
お困りの方がおられましたら、連絡なさるとよいと思います。

TRACK BACK