BEL AMER(ベルアメール)京都別邸

01-18,2016

ゴディバが1972年に日本上陸してから40余り。その後は舶来チョコレート戦国時代を迎え、次から次へと上陸してくる黒船に、もう何がなんだか、さっぱりついていけないわたくし。



DSCF1982_8139.jpg



ベルアメールも、よく見聞きするけどいったいどこの誰の店かと思ったら、日本人職人によるチョコレート屋だった。
と知ることになったのは、京都別邸の存在により。






三条通。



DSCF7416.jpg



2015年秋、ここにベルアメール京都別邸オープン。



DSCF7431.jpg



町家に赤い暖簾が生える、素敵な店構え。



DSCF7418.jpg



カフェも併設されているようです。
入ってみます。



DSCF7419.jpg



通りから暖簾をくぐるとすぐ坪庭があり、御影石のカカオの実が飾られています。



DSCF7430.jpg



さて、ここまで全く関心のなかったベルアメール。
取扱いは



一粒なんぼのボンボン・ショコラもいいけれど。
DSCF7423.jpg



ちょっと面白いのが



DSCF7421-.jpg



壁一面のパレショコラ



DSCF7424.jpg



色とりどりの丸型タブレットに繊細なデザインが施されたチョコレート。



DSCF7425.jpg



一枚281円するので、こんな立派な箱入りになると・・・



昨年末だったので、お年賀を意識したディスプレイ
DSCF7420-1.jpg



箱代も加算されて、直径6cmのパレショコラ6枚で1,944円もしちゃう。



DSCF7426.jpg



京都別邸限定ボックスもあり。



DSCF7428.jpg



こちらも1,944円。
自分用には絶対買わない。と思っちまう価格だけれど、見た目のかわいさ故女性受けは良さそうで、ギフト向けかしらん。



わたしは友達に渡す千円くらいのプチギフトを求めていたのだけれど、この店では一番安いセットでも1,800円くらい。
そこまではいらないので、パレショコラを数枚袋に入れてもらうことにしました。



これは自分用に買ったもの
DSCF1973.jpg



素敵な町家のお店に並ぶ、かたや、華美な箱入り商品。それと比べると余りにも手抜きな無料の袋にちょっとがっかり。
せっかく日常離れした空間で珍しい商品を展開しているのに、もうちょっと商品を生かすおしゃれな袋はないものか。



DSCF1974.jpg



紙袋も安物で、京都別邸という大仰な名前、店の雰囲気、価格設定等一貫した高級志向に対して違和感あります。
全店共通の袋なのだと思いますが、京都別邸の特別感、袋もオリジナルがあってもいいのになーと思ってしまいました。
いつもと違うちょっと特別なお買い物をしたら、素敵な袋をルンルンとぶら下げたいじゃあない。



では買ったもの。



ショコラウィッチ(各303円)
DSCF2003_6c8c.jpg



しっとりサブレにクリームを挟んだ、レーズンサンドみたいなもの。要冷蔵、賞味期限は翌日(だったはず)なので、夏場はキビシイかもしれない。



抹茶
DSCF2001.jpg



抹茶のホワイトチョコクリームと黒豆。



DSCF2006.jpg



バニラチェリー
DSCF2002_29c5.jpg



こちらは、ほろ苦いチョコサブレにチェリーコンポート。



DSCF2013_939f.jpg



あえての湿気、じっとりサブレはクリームと一体化して、すごく美味しい!
イメージ最優先な印象の店、悪いけどこんなに美味しいと思わなくて、ちょっとびっくり。



DSCF1993.jpg



タルトショコラ(抹茶/324円)
DSCF2044_844b.jpg



直径5センチほどの小さなタルトもデコレーションで宝石のような華やかさ。



DSCF2049.jpg



ほろ苦のココアタルトはしっかり、抹茶ガナッシュはポクッとした歯触りで、その後広がる濃厚な抹茶の美味しさ。
んんんーーー、これも良いなぁ。見た目だけじゃないじゃないか。



DSCF1992.jpg



パレショコラ(各281円)
DSCF1988.jpg



購入商品のチラシが入っていまして、パレショコラは表裏に掲載されているだけでも50種!
飾りつけなど日本で手作業でしょうから、お値段の高さもやむを得んのかも。



抹茶小豆
DSCF2077.jpg



ほうじ茶
DSCF2089.jpg



裏面はこんな感じ
DSCF2091.jpg



チョコレートも美味しいです。



DSCF1984.jpg



観光地にありがちな、店構えや商品はやたら豪華で味のほうはイマイチなのかと思いきや、どれを食べても満足させてもらえました。
あくまで東京の商品を京町家で、京都っぽく見せて売っているだけなので、京土産には違和感ですが。
ちなみに京都別邸の限定品以外は、大阪の阪急うめだ店でもほぼ同じものが買えます。



ショコラ ベルアメール

TRACK BACK