玉露園『オール北海道産昆布茶』で鯛茶漬け

05-31,2016

夜食や軽食にさらさら~っと、お茶漬けのようなものが食べたくなる時のごちそうが、鯛の切り身があればできる簡単鯛茶漬け。



DSCF0760.jpg



もとは淡路島の漁師さんに教えてもらったレシピで、その味付けは塩とわさびのみだったのですが、昆布茶で作るとなお美味しい。
というわけで、愛用している玉露園の「オール北海道産昆布茶」を使った鯛茶漬けのレシピを紹介します。





一人分の材料
ご飯・・・・・・・茶碗に軽く一杯
鯛・・・・・・・・・薄切りをお好きなだけ
昆布茶・・・・・小さじ1杯弱
わさび・・・・・・チューブなら1~2cm
熱湯・・・・・・・適量
薬味はお好みで



1.器に温めたご飯を盛り、昆布茶をふりかけ、鯛を並べる。
鯛はお造りを取ったあとの切れ端なんかでもOK。



DSCF0673.jpg



2.熱湯を注ぐ。



DSCF0678.jpg



3.フタをして2~3分蒸らす。



お皿で蓋をしています
DSCF0758.jpg



4.わさびと、お好みで薬味(シソ、三つ葉、ネギなど)を乗せて完成。



DSCF0776.jpg



今回ははしりの紫蘇(シソ)を乗せました。
最近は関西でもシソのことを大葉という人が増えたように思いますが、やっぱりシソと言ったほうがしっくりくるなー。



DSCF0772.jpg



蒸らすことで薄切りの鯛に熱が入ります。だしを取らなくても、昆布茶と鯛から出るうまみだけでとても上品な鯛茶漬けに。
浮いているのは鯛から出た脂です。



DSCF0783.jpg



かきまぜて召し上がれ~。
おなかに優しいので、夜遅くなった時とか、あっさり食べたいときにやっています。



昆布茶は前回モニターしてから、玉露園の「オール北海道産昆布茶」を愛用中。



DSC00300.jpg



北海道産の羅臼昆布、オホーツクの塩、てんさい糖、北海道産のマッシュポテトパウダーと馬鈴薯澱粉といった自然素材を原料とした減塩タイプのこんぶ茶。もちろん化学調味料、保存料無添加。
それまでも昆布茶はよく使っていましたが、素材ひとつひとつにこんなにこだわったものに出会えたらもう他のものは買えない。。
それに、パウチ入りなのも省スペースで便利です。



料理によく使いますが、もちろんそのまま飲んでも美味しい昆布茶です。



玉露園



玉露園
玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中

TRACK BACK