LUKE'S(ルークス)心斎橋店のロブスターロール

06-02,2016

ボストンクラムシャック(→こちら)でしょせんザリガニと思ったものの、ロブスターって本当にこんなもの??という気も。となると気になる心斎橋のルークス。
もはや外国であり、用もないのに行きたくない地、心斎橋。そんなところへ、ロブスターロールのために行ってみました。



DSC00365.jpg






これは冬に店の前を通った際にiPhoneで撮影していたもの・・



IMG_4399.jpg



心斎橋が外国人だらけとはいえ、ルークスの店内も外国人ばっかり!
何だここは外国人専門の店か??
と思ってこの時は利用せず撤収したのでしたが・・・



IMG_4400.jpg



店の奥で注文し、支払を済ませる。
出来上がったら番号で呼ばれるシステム。
店内にはイスはなく、画像左にカウンターがあるのみ。4~5人も立てばいっぱいかな。



今回はロブスターロールって結局どんなん?という思いでやってきました。
やっぱり客は外国人ばっかりです・・・



DSC00364_9e05.jpg



写っていませんが、カウンターと店の前に、中国だか台湾だかの人たちと、どこだかわからない東南アジアの人がうじゃっといました。
彼ら、注文したはいいけどいなくなるみたいで(とはいえ支払いはしてあるので、そのうち戻ってくる)、店員さんが「Waiting number ○×~!」と何度も呼びかけても来ない。
店員さんが「あ~っもぅ・・・・」と、イラつきのため息をこぼしておられましたよ・・
取りに来たら来たで、どうもグループ内で分けるみたいで、誰も彼もが1ロールを2つや3つにカットしてもらっていました。
てかなんでこの店、日本人客私だけなのっ



あっ、いつのまにか訪日観光客を観察するブログになってるし・・・
こんな話には事欠かない大阪です。



ロブスターロールレギュラー(980円)
DSC00369.jpg



レギュラーはロブスターの爪と拳の身だけが3尾分使われていて、ボリューム感がすごい!
パンは香ばしく焼いてあり、バターがじゅわっとしみています。



DSC00373.jpg



味付けはレモンバターとハーブソルト。ハーブの種類はブラックペッパー、ガーリック、タイム、オレガノまではわかり、あと1~2種は不明ですが、つまりクレイジーソルトが近いかと。
ハーブが粉末なので、クレソルよりもガツーンと食欲をそそるハーブの香り。バターとレモンの味付けで、全体としてメッチャ美味しいです。



DSC00371.jpg



爪と拳の身だけなのでプリプリ感も強く、味付けがうまいのか、ロブスターそのものが美味しく感じられるように思います。
ボストンクラムシャックの1,880円はくず状の身も入ってやたら高く感じましたが、ルークスの980円はお値段なりの満足感がありました。
ロブスターについては、一万円近くとか出してまで食べるようなものじゃないなーとやっぱり思いますが、ルークスのロブスターロールはお店が心斎橋でなかったらまた食べたいくらいです~。いやまじで、心斎橋は疲れます・・



心斎橋商店街、ルークスの前。左の群れは外国人。右のご夫婦は、、日本人か??
DSC00378.jpg



LUKE'S(ルークス)

TRACK BACK