【2016ハワイ】ワイキキの郵便局からハガキを出す

07-19,2016

パールハーバーからワイキキに戻ってきました。



DSC02012_7467.jpg









この日は一日単独行動。やりたいことがありすぎる中から取捨選択していかなければなりません。
パールハーバーからの帰り道にライオンコーヒーの工場があるのがわかっていて、そこでコーヒーを飲みたいなぁと思っていたんです。どうしようかなぁと考えながらパープルラインに乗ったので、アロハタワーで降りて歩くか?と思って運転手さんに聞いてみたら、「歩ける距離だけれど、危ないから市バス(ザ・バス)を使ったほうがいいよ」と言われました。たぶん日本人はへっちゃらで歩いちゃうんだろうけれど、現地の人の言う危険(not safe)を甘く見てはいけない。そしてアロハタワーに停車すると、まわりには人がぜーんぜんいない。バス停で待つのも寂しいような感じがして、結局そのままトロリーでワイキキに戻っちゃいました。



まだお昼には早いので、サラトガ通りにあるホノルル郵便局へ、海外旅行恒例のハガキを出しに行きました。
友達にはホテルのフロントで出せるやんと言われて、それはもちろん知っているのですが、私は現地の郵便局に行ってみたいのです。



ホノルル郵便局
DSC02026_42b0f.jpg



ここの向かいには日本でもおなじみのエッグスンシングス本店があります。↑画像左に写っているのは、これまたおなじみトランプさんのホテル、トランプインターナショナル。



DSC02018_0677.jpg



郵便局内。作業台がたくさんあるので、ここで荷物を作ったりできます。窓口は↑画像の奥。
外はじりじりと太陽が照りつけて暑いですが、中に入るとよく冷えていて生き返るー。私は暑がりなので、冷房ガンガンのハワイもそれほど苦ではないです。しかしそんな私でも寒っと思うくらい、まるで冷蔵庫のように冷やしているところも多かったです。



旅行中に購入しておいたハガキを作業台で書き、窓口に行こうとすると、梱包資材が置いてありました。



DSC02021_48f9.jpg



アメリカンでカワイイなー、何か送る時に使えそう。こんなものはそんなに高くないだろうし買って帰ろうと思ったのですが、値段が書いてありません。そこで局員の方に値段を聞いてみると、なんとこれら、無料だとおっしゃるのです。



レターパックサイズの封筒
DSC02023.jpg



小さな箱
DSC02022.jpg



最大で60~80サイズくらいの箱もありました
DSC02024_92a2.jpg



日本では高いお金で買わねばならない箱、無料だなんて信じられません。サイズは限りがあるけれど、これはありがたいサービスですね~。局内には有料の箱もあるのですが、それにはちゃんと値段がついていました。



日本へのはがき送料1ドル15セント。
DSC02020_061f9.jpg



今回は自宅にだけ出しました。
日焼けスヌーピーの絵ハガキは「ビーチ 犬立ち入り禁止!」といういかにもスヌーピーらしい一コマに、ダイヤモンドヘッドが描かれているのでハワイらしくて気に入ったもの。一週間ほどで届きました。ホノルル郵便局は局員さんも親切で、とても気持ちよく利用することができました。ドイツだと仏頂面の人が待ち構えている(ことが多い)郵便局員やバスの運転手が、ハワイでは皆ゴキゲン。笑顔で対応されたほうが印象は良いに決まっています。この陽気さは気候によるものなのですかね。

TRACK BACK