【枚方T-SITE】地産地消のベーカリー THE GROUNDS BAKER(持ち帰り)

08-13,2016

枚方Tサイトのグラウンズベイカー持ち帰り。
※お店の記事は→こちら



DSCF1468_21d59.jpg






レーズンパン(250円)、クリームパン(150円)
DSCF1229_595e.jpg



ぶどうパン1個が250円だと!?
なのですが、ずしっと重たくハカリに乗せてみると



DSCF1239.jpg



ドーン。148gもあります。一般的なレーズン入りのロールパンは40g前後なので、そう思うと特別高い訳でもないかな。



DSCF1242.jpg



レーズンたっぷり。そしてここのパンはジェノベーゼパンもそうでしたが、モチモチすぎるくらいモチモチ。ぼよよーんとして、水分が多いから重たいのもあるでしょうね。
しかしこれもぷわっとマーガリンの香りがします。食感はモチモチでレーズンたっぷりだけれど、パン生地のが美味しくない。



DSCF1236.jpg



同様な感じでクリームパンも印象に残らず。



食パン(350円)
DSCF1468_21d59.jpg



唯一美味しいと思ったのが食パン。
枚方の「レンゲ米」と、となり町交野(かたの)の地酒「極濁(きわみにごり)」、自家製酵母、フランス産バターが使用されているらしいです。



DSCF1583_4458f.jpg



画像では判別つきませんが、パン生地にお米のつぶつぶが見えるんです。
トーストしたらまるで炊きたての美味しいご飯のようなモッチリ感と甘みが感じられました。すぐに焦げ目がつく糖分の多さとバターの香りもあって、リッチな風味の食パンです。



サンドイッチにもしてみた
DSCF1501.jpg



DSCF1475.jpg



甘みが強いのと、生の状態ではモチモチプリプリすぎてサンドイッチには全く合わなかった。
ただしトーストは最高という極端なパンでした。ちょっと菓子パン的な食パンですね。



マルシェのような雰囲気でオシャレなパン屋だけれど、どのパンもまるでモチみたいにモチモチすぎて、そうしたら旨いと感じるだろうという思惑が透けて見える。
原材料がわからないので気のせいかもしれませんが、マーガリンが多く使われているような香りの悪さ、美味しいと思えなかったことから、拙者はリピートは無しです。



ザ グラウンズ ベイカー (THE GROUNDS BAKER)



DSC00323.jpg



枚方Tサイト訪問記はこれにておしまいです。

TRACK BACK