高級「生」食パン専門店 乃が美(のがみ)

09-10,2016

レブレッソ(→こちら)に続き、キタエリアの食パン専門店。雑誌「&Premium」のおいしいパン特集で、“日本の食パン10選”に選ばれたということでその名前を最近ちょくちょく見るようになったなぁと思っていたら、いつのまにやらキタにも店舗がでけてた!ので行ってみた。



DSCF1949_20160904171722c64.jpg






先日アップしたレブレッソは、本店が鶴橋→グランフロント大阪にオープン。
こちら乃が美は、本店が上本町。今回私が行ったのは、梅新東のちょっと南、御堂筋がY字になっているところの右っかわに7月2日にオープンした、乃が美大阪御堂筋店。南のほうの店がキタの一等地に出店してくるラッシュです。



最近の私は、いくら有名でも食パンのために鶴橋や上本町へわざわざ行く気にはなりませんでしたが、梅田にあるなら買ってみようと思いました。梅田はテナント料も比較にならないでしょうが、客数は増えるんだろうなぁ。と、素人ながらに思います。



IMG_5892.jpg



ちょうど新御堂筋の高架がおりてくるところの目の前。
東梅田へ行く予定の日に予約しておいて行ったのですが、台風の雨の日に重なってしまいました。この雨のせいかはわかりませんが、予約無しでも余裕で買えそうなくらい食パンがずらっと並べてありましたよ。店員さんが「足元の悪い中ありがとうございます」と気遣ってくださり、会計の後は私がおもてに出て傘をさすまでパンの袋を持って見送って下さいました。さすが高級食パンに見合った接客サービスといえるでしょうか。私からすればここの予約さえキャンセルしちゃえばそのまま濡れずに東梅田から地下鉄に乗れたところ、パンのためにわざわざ嵐の中に出て行ったようなもので、好きで行ったとはいえ親切な店員さんでホッとしました。



生食パン1斤(432円)
DSCF1954.jpg



傘があっても全身ずぶ濡れになるほどの雨でしたが、パンの入った紙袋は雨よけのビニールをかけて下さったので無事でした。
てか雨よけのビニールをかけられる食パンって超VIPじゃない。



DSCF1959_201609041925297f3.jpg



生食パンには2斤と1斤があり、私が購入したのが1斤です。1斤といっても2斤を半分に分けたものではなく、全面が焼き目。
乃が美は、断面から水分が蒸発してしまうためパンのスライスはしないばかりか、2斤を半分に分けて包装する、ということも一切受け付けていないそうです。たとえば、2斤を買って友達と半分ずつ、なんてときも、1斤を2個買うことになります。
ふわふわ柔らかくて、スライスするために添えた左手だけでグシャっと潰れてしまいそうなくらい。なるほどこれは紙袋でなければ、ビニール袋だったら手に提げているだけで変形してしまうでしょう。



DSCF1964_2016090419253079e.jpg



このように強く折り曲げても裂けない柔軟性で



DSCF1965.jpg



指を話すとばいーんと戻ります。



DSCF1961.jpg



「焼かずに美味しく食べていただける"生"食パン」とのことなのでまずはそのまま頂きましょう。
やわやわ食パンは口に入れるととろけるような食感。それが好きな方は良いと思うのですが、私にはちょっとふにゃふにゃすぎる感じで頼りなくあまり好みではありませんでした。



なんぼ“日本の食パン10選”に選ばれて世間で絶賛されていようが、自分が好きかどうかはわからないなぁ、といういい例でした。
いろいろなランキングやミシュランの★の数なんかは、ひとつの指針にはなるけれど、やっぱり人それぞれ好みが違う以上は食べてみないとわからないですね。



乃が美

TRACK BACK