かぼちゃスイーツ2016 ザ・リッツ・カールトン 大阪

10-13,2016

かぼちゃスイーツ求めて、今年は普段縁のないリッツまで行っちゃいました。



DSCF2634_7327.jpg






ザ・リッツ・カールトン 大阪のグルメショップでは、2016年10月1日(土)~10月31日(月)パンプキンフェアを開催中。
◆パンプキンフェアについては→こちら(期間終了後はリンク切れになります)



庶民にはペストリーブティックくらいしか縁のないリッツカールトン大阪。場所は梅田の西の端にあり、わざわざ行かないといけない。
絨毯の敷き詰められた薄暗いホテル内は迷路のようで、スコーンを買いに行ったことしかないけれどそのたび迷ってしまいます。



目的はグルメブティック。
写真OKだったので撮らせて頂きました。



クリックで拡大します
DSC01345.jpg



DSC01346.jpg



DSC01347_5428c.jpg



DSC01348.jpg



DSC01349.jpg



買ってきたのはパンプキンフェアの生菓子と、せっかく行ったのでスコーン(スコーンは撮影忘れ)。



ロロン・カボチャのモンブラン(650円)
DSCF2615.jpg



表面はロロンかぼちゃのペースト。明るいやまぶき色がまぶしい。
ロロンかぼちゃとは、京都のタキイ種苗が開発し2009年販売が開始された新しい種のかぼちゃで、ラグビーボールのような形をしているもの。
スーパーなどの野菜売り場でそういう形のかぼちゃを見ることがありますが、品質改良されたものだったのですね。
ホクホクとしてなめらかな食感で、かといって栗かぼちゃほど甘くないのが特徴なんだそうです。



DSCF2636.jpg



慎重に扱ったつもりなのに、軽い力でタルトがグシャと割れてしまいました。
ホロホロともろくはかないタルトです。



DSCF2640.jpg



中はクリームがメインで、その中のカフェ色のツブツブはブロンドチョコレートのパフかな。サクサクしていました。
かぼちゃのペーストは表面の薄い層だけなので、あまりかぼちゃのケーキって感じはしませんでした。



バターナッツ・カボチャのプリン(550円)
DSCF2601.jpg



バターナッツかぼちゃは、ベージュ色の縦長ひょうたんのような形をした品種。
繊維質が少なくねっとりした食感らしいので、プリンに向いていそうです。



DSCF2604.jpg



見目麗しいカップデザート。



DSCF2674_886d.jpg



割としっかりしたプリンで、底のカラメルは糸状にたれるかたさ。
かぼちゃ色は薄く繊維感もないのですが、まったりしたかぼちゃの味がしっかりと感じられて美味しいプリンです。



DSCF2677.jpg



ただし、香ばしいカラメルが多すぎて、途中から全体にカラメル味に支配されてしまいました。うおーもったいない。



パンプキンクリームデニッシュ(450円)
DSCF2608_279ae.jpg



今回買ったもののうち、私が一番気に入ったのがこちら。
↑の店内画像にありますが、カスタード、マロンのフレーバーもありました。



DSCF2614.jpg



クリームの絞りが美しい!ここは大胆に、がぶりと頬張りましょう。



DSCF2643.jpg



パンでもないしシュー生地でもないし、そしてデニッシュでもないようなシャクシャクした食感の生地に、かぼちゃのほっくりした甘みが感じられるクリームが溢れるほどたーっぷり。
シンプルながら生地もクリームもすばらしく美味しくて、至福の味。
バーガー袋(リッツカールトンロゴ入り)で包んで箱詰めしてあるので、気軽に手に取って食べられます。ケーキ屋さんのシュークリーム的位置づけ商品なのかな、と感じました。
これを箱にいっぱいつめて、差し入れしてもらいたいーっ。



最後のクリームデニッシュが気に入ったので、また買いに行きたいと思います。



ザ・リッツ・カールトン 大阪

TRACK BACK