上を向いて(夜訪問)

11-28,2016

香里園にオープンしたさぬきうどん、上を向いて(前回の記事はコチラ)。
夜ご飯作らなくて良い日があったので、自分の晩御飯に行ってみました。



DSC07408.jpg




夜メニュー(クリックで拡大します)
IMG_6420.jpg



カレーうどんはトッピングに掲載されていました。
カレーにしようかなぁと思ったのですが
店主さんによれば結構辛めとの事。
あまり辛いものは苦手なので、今回はパスしてぶっかけうどんを選択。



メニューに書かれているうどんの温度
「あつあつ」「ひやひや」はまぁわかりますが
「ひやあつ」?!
店主さんに教えていただきました。
冷たいうどんに温かいおだしをかけたのを「ひやあつ」というらしく
讃岐うどんではおなじみなんだそうです。
讃岐うどんになじみがないので初めて知りました。



なるほど、猫舌には良いかもと思って



ぶっかけうどん/ひやあつ(550円)
かしわ天(300円)
DSC07404.jpg



そしてもう一つ不思議に思ったのが、
かけうどん
ぶっかけうどん
どちらにも温・冷の設定があるの
その違いは?
これも優しく説明して下さったんですが
ぶっかけは、かけうどんのおだしと
濃口醤油を使った特製のかえしを合わせてあるそうで
ちょっと濃いめのおつゆの色をしているんですね。



DSC07409.jpg



麺がピカピカ光っています。
薬味を入れて、食べる



DSC07411.jpg



おおっ、お昼にざるで頂いたときとぜんぜん違う~!



昼・ざるでは強い男のうどん、って感じでした
今回もコシはしっかりしているのですが、食感がふわっと優しい感じ。
うどん生地は時間とともに熟成し、そのように変化するのだそうです。
なので同じように切っても夜は細めになるのだとか
麺は生き物なのですね。



ぶっかけつゆの味は
いりこや昆布でしっかりとられたまろやかなおだしを
濃口醤油が引き締めている感じ。
もちろん無化調で、塩分のごまかしもなく
飲み干しても喉が渇きません。



冷たいおうどん+熱いおだし=猫舌には食べやすい温度
ほんのり温かいおうどんは、胃に優しく一日の疲れが取れました。



DSC07407.jpg



絶品のかしわ天もいただきました。



さぬきうどん=かたいうどん
なんて思って毛嫌いしていたことを恥じ入るばかりです。



だからってさぬきうどんの店を巡ろうという気にはなりませんが
こちらのお店にはまた行きまーす。



上を向いて(フェイスブック)
お休み情報などこまめにアップされているので、こちらで確認してからドウゾ

TRACK BACK