秋の京都 今年は貴船だ

12-20,2016

11月某日、友達が京都観光にきたので、1日同行してきました。



DSC02808.jpg




午前中は一人で京都をブラブラ



仏光寺
DSC02753.jpg



京都駅に繋がる複雑な線路
DSC02761.jpg



友達とは昼過ぎに待ち合わせ。
たいてい行先未定のミステリーツアーなんですが、この日はなぜか
京都の奥座敷として名高い貴船に決定!



んじゃ行くどー。
出町柳で叡電に乗り換え



DSC02764.jpg



もう陽が傾いてくる時間。
貴船は、茶道の先生方と水まつり(裏千家宗匠による献茶式がある→こちら)以来で久しぶり。
叡電は『もみじのトンネル』が売りで、紅葉のきれいな場所はなんと速度を落として走行する。



DSC02770_2050f.jpg



時期的に紅葉終わりかけだったのでちょーっと寂しい感じではありましたが、こんな時期、友達でも来なけりゃまず行かんので珍しい経験です。
ちなみに電車内は満員御礼でギュウギュウで立ってます(/TДT)/



DSC02773_047fc7.jpg



貴船口で降りて、これまた満員のバスには乗らず、徒歩で貴船神社を目指します。
しっかし、貴船神社ってこんなに遠かったっけ?のぼり坂やしけっこうキッツー
一人やったら絶対ムリでした。



車も走る通り
DSC02775.jpg



山奥で働くカエル
ケロガード発見
DSC02780_29930.jpg



なごむねー。



30分くらい歩いて到着



DSC02784.jpg



ウッ
こんな山奥にこんなに人がいてるとは
鳥居とその先の階段が撮影ポイントとなっており、階段の下に三脚立ててる連中がうじゃっと邪魔なんだが・・



DSC02785.jpg



一眼レフをぶら下げた中国人もめっちゃ多い



DSC02787.jpg



奥の院までは行かず。



DSC02788_32c7.jpg



ライトアップしていた時期だったので、暗くなってからもどんどん人が来る。
三脚立てて団子になっている連中の後ろからさっと撮った一枚が↓



DSC02799.jpg



帰りも行列のバス停をスルーして下山です。



DSC02803.jpg



貴船川では『もみじ灯篭』
川面に灯篭の灯りがゆらゆらと幻想的でした



DSC02807_844e89.jpg



まだそこまで寒い時期ではなかったのに、山なので寒くてブルブル
貴船口駅ホームも人で埋め尽くされ・・



DSC02837_02d9d.jpg



混み混みの叡電で下界へ帰りました。
冬の貴船にこんなに人がいるとは思いませんでした・・



看板の電球が切れてるのすっごく気になるんだが
DSC02840.jpg



夕飯は友達が「久しぶりにぼてぢゅう行きたい」というので喜んで♪



botedyuu_231db.jpg



友達も飲まないのでウーロン茶でお疲れサン。
3品をシェアして食べました。
お好み焼きの生地は5種類を使い分けしておられるそうで、豚玉はふんわりサクッと、ネギ焼きはふわふわ。



DSC02842_2023.jpg



ぼてぢゅうの焼きそばが大好きな私。
この肉厚なイカがサクッとした食感で美味しいんです。
お好み焼きのイカ豚玉は、イカのカットが小さいので
焼きそばに入るイカのほうが食べ応えがあって好き♪
イカはひとり2個ずつな!



DSC02848_444bf6.jpg



飲み物1杯ずつと3品で3,500円くらいだったかなぁ。安くて美味しくてありがたいわぁ~
友達も喜んでくれてよかったです。
久しぶりの山登りだったせいか、翌日は筋肉痛になってましたw



後から知ったのですが、この2日後に私の父も鞍馬から貴船へハイキングしてたらしい。



それと、この日友達に教えてもらった歩数計アプリ、気に入って愛用しています。



貴船へ行った日の歩数
IMG_6421.jpg



Pacer
★アップルストア→こちら
★Googleplay→こちら



スマホをバッグに入れておくだけで、アプリを起動していなくても毎日の歩数を記録してくれるんです。
こんなの今は当たり前かもしれませんが、愛用の歩数計(→こちら)があるので知らなくて。
友達が使っているのを見て、その場でインストールしてみたんですが
アプリを開いたとたんに当日の歩数がブワーっと出てきて驚きました。



愛用の万歩計と比べても誤差は1割以内。
ランニングの時は走ったコースや距離、時速などを記録してくれるし、とても励みになります。
夫もインストールして毎日喜んで歩数を見ています。
私はだからって愛用の万歩計をお役御免にできなくて、変わらず持ち続けているんですけどね、、
次電池切れになったらその時に考えよう。


TRACK BACK