上を向いて(夜訪問/あつあつ)

12-22,2016

前回(→こちら)、さぬきうどんにはその形態と麺とつゆの温冷で組み合わせがいろいろあることを知った私。
今回はかけうどんで、麺あつ+つゆあつ=『あつあつ』を食べてみました



IMG_6510.jpg








IMG_6499.jpg



お店。新しくて清潔感があり気持ちよいです。
飲食店が連なる香里園駅の西口、
居酒屋なんかが多い中で、うどん屋は一人客が気軽に入れるオアシス的な感じ。



かけうどん/あつあつ(500)
かしわ天(300円)
IMG_6504.jpg
※麺少なめにしてもらっています。



着丼したとたんにブワーっとたちのぼる、おだしの良い香り!!
やはりあつあつ、温度が高いので、香りの立ち方もハンパなく
これだけでノックアウトされそうでした・・



ざる→ぶっかけ→かけと、どんどんつゆの色が薄くなるのを経験してきましたが



ざる(→こちら)→ぶっかけ(→こちら)→かけ
pageudon.jpg



かけうどんつゆは優しさナンバーワンでした。
それぞれに良さがありますが、寒い冬の夜にはあつあつのかけうどんがいいですねぇ。



IMG_6508.jpg



たっぷりのおろししょうがを放つと、おだしの芳醇な香りがまた一段と豊かになります。



IMG_6509.jpg



真昆布、いりこ、さばとうるめの節を使って朝から取られているおだしは
しっかりしたコクがありながらもすっきりとした上品なもの。
夜になって優しさを増したうどんと合わさって、全身にしみわたる美味しさです。



IMG_6506.jpg



夜なんで揚げ物はやめとこうかなと思うもやっぱり食べたくなって…
衣がうすくサクッと軽いので、もたれません。
それと!今回はじめて気づいたのですが、鶏皮は外してあるんです。
(3度目で気付くとか…汗)
聞くと、店主さんが毎日皮をはいで、余分な脂肪を切り落としておられるそうで
柔らかく美味しく仕上げるために、その丁寧なひと手間が欠かせないんだそうです。



外食での鳥の揚げ物って、良くてタイ産肉で皮も脂肪もそのまま揚げちゃったようなのばっかりで
だから脂ギトギト、皮ブヨブヨでキモチワルイのが多いんですけど・・・



やっぱりいい鶏肉(宮崎どり)に手間暇かけたものは、ひと味もふた味も違うんだな。
お店自慢のかしわ天、ぜひ皆さんも召し上がってください。



上を向いて(Facebook)←お休み情報などこちらで確認ください。

TRACK BACK