オランダLovechock(ラブチョック)社のオーガニックローチョコレート

07-11,2017

「ローチョコレート」なるものを買ってみました。
オランダ/ラブチョック社のオーガニックローチョコレート(マルベリーバニラ)



P1060502.jpg






ローチョコレートとは何ぞや・・
説明を読むと、
カカオ豆は焙煎しないで、低速低温で粉に挽かれることによって酵素や抗酸化物質(天然由来のフラボノイドとラブケミカル)などの有効栄養成分が生きているのが特徴
なんだそうです。
へぇ・・



P1060514.jpg



EUのオーガニック認証を受けたマークも裏面についているし、すごく高いチョコレートなんです!
定価だと1本なんと702円という、超セレブ向け商品なのですが・・



それが、KURADASHIで2箱(24本)セットで1本あたり109円(クール送料など全部込で!)まで下がっていたのを見つけ。(※現在は販売終了)
この品質のチョコレートがこの値段!買うしかないだろう!
と、食べたこともないのに24本セットで購入しました。



1箱12本入り
P1060501.jpg



1本あたり40gで、大きさでいうとスニッカーズとかそういうチョコバーと似た感じ。
(スニッカーズは1本53g)



P1060509.jpg



原材料
P1060505.jpg



植物油脂だけでなく乳化剤(レシチン等)が入らない、稀に見る高級チョコレートです。
フレーバーはいろいろありましたが、たまたま売れ残っていた中から好みだったマルベリーバニラ



P1060510.jpg



ローチョコレート、というと普通のチョコレートと違うのかな?と思いましたが、見た目は特に変わりないですね。
キヌアのツブツブが見えています。



P1060512.jpg



しかし口に入れると普通のチョコレートのように溶けません。
チョコレート本体がサクサクとした食感で、口の中でサクサクホロホロとチョコレートをかみ砕く食感が楽しめます。
植物油脂や乳化剤が入らないと、チョコレートそのものの食感がこれほど違うのかと知りました。
どろっと溶けないし、体温でぬるっと溶けるような感じもない。油っぽくなくて、重たさがありません。



味はカカオ濃度81%のキリッとシャープなチョコレートです。
キヌアのサクサクとベリーのほんのり甘酸味、またカイエンペッパーがほのかにスパイシーで、本当に贅沢な美味しさ!!!
おやつに一本は食べきれないので、半本ずつ食べています。



定価では絶対買えないけど、今回たまたまKURADASHIで見つけて超ラッキーなお買い物でした。
しかしどんなに素材が良くて体に良いといっても、チョコレートバー1本700円はすごすぎ・・
公式サイトにリンク貼ってあるフランスの通販サイトで1本3ユーロくらいなので、あっちでもお高めの品)

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK