シャスールのコクエルでご飯を炊く。

08-02,2017

相変わらず炊飯器の無い暮らし。



P1060470.jpg



新たな炊飯用鍋、シャスール社のコクエルがやって来た!



誰にでも通じるように
「ルクルーゼみたいなのでご飯を炊いています。」
と言っていますが、正確にはストウブ18cmを炊飯専用にしていました。



左がストウブ18cm。我が家の通称「おかま」
P1060472.jpg



我が家の鍋で稼働率トップ3と言っても過言ではない、おかま。
ところがこのサイズは料理にも使いたい時が多くー。



ストウブから炊飯用にラ ココット de GOHANというのも出ているんですが



ラ ココット de GOHAN(画像は公式サイトより)
staubgohan.jpg



デパートで実物を見てみたら、取っ手が持ちにくい・・
というわけで却下。
しばらくは「おかま」のままでいいか、とやり過ごしていたところ・・
シャスールコクエルのセール商品が目の前に現れ。
ちょっと考え、購入してみましたー。



シャスール コクエル
P1060473.jpg



色はブラウン(正式色名は「トープ」)をチョイス。
色が塗ってあるタイプはちょっとしたことで傷がつきやすいし、本当はストウブと同じマットブラックが良かったのですが、そもそもラインナップに無いねんな・・



しかしフタのつまみは樹脂製なので素手でOKですし、取っ手も持ちやすいし、ストウブのココットdeゴハン同様ライスポットとして売られているので、これでますますご飯が美味しく炊けそう♪むほほ



ちょいと比較してみますと
staubchassul.jpg



ストウブ18cm、GOHANのMサイズ、シャスールコクエル。
容量や重さは似たようなものでした。
ただ、ストウブGOHANとコクエルは



P1060479.jpg



炊飯用なので底が丸くなっています。
それとシャスールのコクエルはフタが特徴で、かぽっとはまります(う~む何と言えば良いのか・・)



P1060473.jpg



このフタは吹きこぼれしにくく、コンロが汚れないので良いです。



内側はこんな感じ
P1060476.jpg



このテの鋳物鍋は、使用開始前に「シーズニング」といって鍋肌に油をなじませる作業をやらなくてはならないようなのですが、私はやってないです。
ご飯に油が浮いたらいやだし、塗った油が酸化してしまいそうなので。
でもこびりついたりしませんし、そのシーズニングという手間が何で必要なのかわからん。
フランス人がそんなこといちいちやっているとも思えず。。(やってたらすまん)



6年以上ご飯を炊き続けているおかまはこんな感じ。乾燥して見えますが、ご飯粒こびりつきません。
P1060475.jpg



それではいよいよ、コクエルのおかまデビュー!(笑)
おかま2代目の仕事っぷりはいかに・・



P1060488.jpg



はいっ2合が炊けました。
雑穀と海藻ミックス入りごはん。
具だくさん炊き込みご飯の場合、2合はきつそうなので、量を減らさないとですね。



P1060489.jpg



フッ素加工された炊飯器の内釜とは違い、こびりつきゼロとはいきませんが、鍋肌にごはんビッシリとならないために。
ポイントはしっかり蒸らすことです。
火を消してから15~20分蒸らすとこびりつきにくいです。
蒸らし終わったら底からざっくり混ぜて、さらにフタをして数分置くと完璧です。



P1060493.jpg



美味しく炊けましたー♪
ぶっちゃけ、初代おかまと比べて特段変わったことはありませんが。



DSCF4204_43dc8.jpg



これで初代おかまは炊飯専用からなんでもできるようになり、今は2代目おかまの隣でおかずを炊いております。
2人暮らしにはこのくらいのサイズが一番使いやすいと思います。



P1060500.jpg



この季節、ご飯は半日で腐りますので、炊いたしりから冷凍です。
お茶碗用150gとおにぎり用200gをタッパーに分けて冷凍しています。



実家を出てテンション上がってお鍋もいろいろ買いましたけど、結局あんまり使わないのはオークションで売っちゃっていまはだいぶ減りました。ル・クルーゼやらこのようなフランス鍋は、リセール価格が高くて資産価値もあるのですよね・・
二束三文にしかならない洋服とは比べものになりません。

中には限定カラーだったとかで、買った時の5倍の値段がついたものもありました。
お鍋を床の間に飾る方もおられるとかで、全く趣味の世界とはわからないものです。

COMMENT

bonさま
あらあら、bonさんとの共通点がまた一つ。
ウチにも炊飯器はありません。
実家の母、そして母方の祖母も厚手のアルミ鍋で
ご飯を炊いてました。私もそうです。
幼い頃は、よそのお宅で白いご飯を食べるのが
苦痛でした。炊飯器のご飯って柔らかくて
苦手でした。
最近の炊飯器はデザインもおしゃれで、
おいしく炊けるのがあるんでしょうね。
(買わないけど)

お鍋で気になるのは、愛知ドビーさんの鍋。
お試しで使ってみたいです。
ウチにル・クルーゼがあるのですが、
鍋とフタの間から蒸気がもれるのが気になって・・。
2017/08/02(水) 23:59:42 |URL|robbie #- [EDIT]
こんばんは。
robbieさんはお母様もご祖母様も鍋炊きごはんなんですか!
わ~、少数派なので嬉しいですね。「炊飯器無い」と言うとたいがいビックリされます。
いまどき珍しいですよね。炊飯器の無い家って。
私の実家は炊飯器でしたし。
私は「炊飯器ってご飯しか炊けないのに場所取るし高い」と思ってお鍋にしました。
(炊飯器で煮ものやカレーやできるようですが、丸洗いできないのににおいが・・とか思ってしまいます)

炊飯器のご飯が柔らかい・・ってすごくわかります。
鍋炊きご飯に慣れると、ふにゃふにゃに感じますね。

>愛知ドビーさん
バーミキュラですね!
私も以前は気になっていたんですが、大人気でかなり長い間待たされるようで、
結局ひとつも買わないまま、使ったこともありません。
私も使ってみたいですねー。

ル・クルーゼは日本にこのような鍋を広めた第一人者ですが、
見た目のかわいさが先で機能的には劣ると思っています。
ストウブとシャスールにはフタの裏に蒸気を鍋の中に戻す機構があるのに対し、
ストウブのフタの裏はツルツルなので、ストウブやシャスールのほうがよりおいしくできるような気はしています。
でもルクルーゼもあの重たさですから、保温効果はばっちりですし私も使っていますよ♪
それと、蒸気もれはストウブやシャスールでもありますし
(製造過程で、フタとお鍋の重なる部分に隙間ができてしまうのは仕方ないようです)
あまりお気になさらなくても良いかもしれませんよ。
ただ、蒸気だだ漏れ、とかならアレですが・・
私は炊飯の際、蒸気がシューっと出たら火を弱めています。

あっそれと!
新鮮なイカが安かったので買ってきて、早速先日のレシピでやってみました。
すんごくおいしかった~♪夫もまた作ってと言うくらい。
ありがとうございました(^-^)
2017/08/04(金) 20:21:35 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK