カリーヴルスト【ベルリン/Zoologischer Garten駅周辺】

06-17,2011

ドイツで最初に滞在した都市は首都・ベルリンでした。
そこでの楽しみのひとつが、本場で食べるベルリーナ・カリーヴルストでした。



カリーヴルスト(Wikipedia)



currywurst_zoo駅周辺 (11)



ベルリンに滞在した4日間で、定置式軽食スタンドと移動式屋台あわせて6店でカリーヴルストを食べました。
うち2店がホテルから徒歩圏内で、到着日すぐに周辺散策がてら行ってみました。




一日目初日の話です。



ドイツのフランクフルト空港にやっと到着したのに、目的地ベルリン・テーゲル空港へ向かうための飛行機に乗り換えます。



テーゲル空港は、2012年にベルリン・ブランデンブルク国際空港(現ベルリン・シェーネフェルト空港)が開港するとともに閉鎖予定だそうです。
というわけで初にして最後のテーゲル空港になるのでしょう。



フランクフルト空港はもうドイツなのですから…
すでに美味しそうなパンやサンドイッチがいっぱい!!



一日目 (1)



でも、空港ではわけあって食欲もなく
まっすぐベルリンへむかいました。



一日目 (3)フランクフルトからベルリンへは約1時間のフライト。
その間に出てきたおやつがmilka!
キットカットみたいな、ウエハースチョコレートでした。



周囲のドイツ人を観察していると…
頭がまっしろのおじいさんもダンディーなおじさんも、このチョコを美味しそうに平らげたあと、テーブルにこぼしたチョコやウエハースの粉を指でくっつけて舐めていました。日本人は公共の場ではしませんよねー。この人目をはばからない行為を見てドイツがとてもリラックスしたものに思え、気楽になりました。



ほっこりできるのはまだ先。
テーゲル空港から、宿をとっているZoologischer Garten駅方面へ向かいます。
アクセス方法はバス。たまたま急行であるX9番のバスがとまっていたので、チケットバスの運転手さんから購入して乗り込む。
急行バスは途中多くのバス停を飛ばし、目的地へ30分かからずに到着できました。



一日目 (2)



やっとこさホテルの部屋に荷物を降ろしたら19時過ぎ。
ですがドイツは夏時間で、まだまだお昼間のように明るい。
徒歩でホテル周辺を散策がてら、さっそくゴハン(カリーヴルストw)を食べにでかけました。



まずはココ
カイザー・ヴィルヘルム記念教会前(南側)

大きな地図で見る



歩いていたら、何やらテントの裏側からいいにおいの煙が出ていました。
もしや?!と思って正面に行ってみると。



currywurst_zoo駅周辺 (17)



目的としていた店に行きつくまでに、カリーヴルストに当たりました( ´艸`)
ついてるねぇ!お腹もすいていたので早速食べてみることに。



currywurst_zoo駅周辺 (18)



ジュージューとハンバーグも焼けています。



currywurst_zoo駅周辺 (19)



この店にはゆで卵カッターならぬソーセージのカッターがあって
これで一太刀でした。



currywurst_zoo駅周辺 (20)



この近くにもう1店あるのを下調べしていたので、ここで満腹するわけにはいかぬと。
フライドポテトは頼まず、カリーヴルストのみを買ってみました。



Currywurst/2.50EUR
currywurst_zoo駅周辺 (15)



甘酸っぱいトマトケチャップと、スパイシーなカレーパウダーが合います!
何やしらんけどソーセージがめっちゃ美味しい!!太さも旨みも皮の感じも、日本のと全然違います~。
おなかもへっていたのでイッキに完食。



currywurst_zoo駅周辺 (16)



店のまわりにはテーブル、ベンチがありましたが現地人(というか西洋人)で満席です。
老若男女、みなさん決まってポテトフライとのセットをペロッと平らげておられます。
まさに大阪のたこ焼き的存在と見た。



currywurst_zoo駅周辺 (13)



この大通り、この日だけなぜだか歩行者天国になっていて、なぜだかわからないけどお祭り気分。
この時すでに20時前とは思えない明るさで気分が陽気になってきました。



tauentzienstr.jpg



下調べしていたカリーヴルストの店は、この店よりまだ東にあるので
都会の風景をきょろきょろと楽しみながら先へ進みます。



目的のインビス(WITTY'S)がみえはじめたころ
影が長ーく伸びていました。



currywurst_zoo駅周辺 (1)



そこは

大きな地図で見る



「西のデパート」という名前を持ち、ドイツ最大級の規模を誇る
KaDeWe(カーデーヴェー)という高級デパートの前です。



currywurst_zoo駅周辺



規模と品ぞろえでヨーロッパでも指折りのデパートなのだとか。
Kaufhaus des Westens=西のデパート
この言葉の頭文字を取ったカーデーヴェーの創業はなんと1907年です。



東西分断時代には陸の孤島となった、西ベルリンの豪華なデパート。
当時、華やかなデパートの存在は、資本主義の自由と豊かさの象徴となったそうです。
歴史を感じさせる、なんとも重厚なたたずまい…!



kadewe.jpg
※これは別の日に撮影した画像デス



カーデーヴェーの前の大通りを渡ったところにあるのが
WITTY"S Organic Food
currywurst_zoo駅周辺 (3)



ソーセージからソースに至るまで、BIO(オーガニック)食品を使用しているという
ジャンクフードなのに体にやさしい?インビスです。



currywurst_zoo駅周辺 (4)



BIO食品ということで、値段は相場より若干高めです。



本当はここでソーセージとフライドポテトの王道セットを食べるつもりだったのですが
さっき食べたソーセージがけっこうボリュームあったので
ここでは、フライドポテトのみを食べました。



Bio-Pommes frites/2.70EUR
currywurst_zoo駅周辺 (5)



このッ…!フライドポテト!否、ポメス(独)!!
油はカラッと切れていてカリカリと香ばしく
じゃがいもじたいがなんとも美味しいんです!



じゃがいも、最近は日本でもさまざまな品種が出回っています。
が、ドイツで食べたじゃがいもは日本でいろんな品種を食べてみている私にも新鮮で
水臭さのない濃い味とねっとりした食感が本当に好みでした。



さっきのソーセージで腹7分目くらいまではきているというのに
フライドポテトがこれほど美味しとは…!
手が止まらぬ中ふと周囲を見回してみると
立ち食い仲間のドイツ人のみなさん、ポメスにソースがかかっています。



このとき、ドイツ入り初日でまだ仕組みがいまひとつわかっていませんでしたが
この店はソースが別料金だったんですねー!
というわけで、食べかけではありますがマヨネーズソースを追加しました。



Bio-Mayonnaise/0.60EUR
currywurst_zoo駅周辺 (7)



どろ~っと濃いソースは酸味が少なく、クリーミーなタイプでこってりとオイリーです。
個人的に、また腹具合的にはシンプルに塩味のほうが美味しかったーと60セントを悔やむ。



夕暮れのカーデーヴェーを眺めながらポメスをつっついたのは20時18分のこと。
ああ、これでビールが飲めたらナァ~!と思うザ下戸でした。



currywurst_zoo駅周辺 (6)



このWITTY"S Organic Food はホテルから1km以内と近かったこともあり
後日再びやってきました。



ドイツ滞在中真夏のように暑い日が続いた中、唯一小雨のぱらついた日でした。



currywurst_zoo駅周辺 (8)



冒頭画像の、カリーヴルストとポメスです。
ポメスはシンプル塩味がとにかく美味しくて、ソーセージやケチャップと合わせて変化をつけると全く飽きません。



Bio-Currywurst/3.30EUR
Bio-Pommes frites/2.70EUR
合計6ユーロ。
currywurst_zoo駅周辺 (11)



私には満腹をちょいとオーバーになる量なのですが…
どこの店に行っても、性別にかかわらず、華奢な女性であっても一人につき一皿。
ビールをお供ににぺろ~っと平らげておられるのには目を丸くしました。



帰国してから改めてメニューの画像を見てみると、カリーヴルストは腸あり・なしが選べたようですが…
そのへんまったくわからないであろうと判断されたのか?
店員さんからそういう質問をされることもなく、スムーズに買えました。



常連さんはガーリックソースだのチリソースだのと、みなさんそれぞれに好みの味にカスタマイズされている模様でした!



currywurst_zoo駅周辺 (10)



ソーセージは皮がパリっと焼けて、二度目のポテトも相変わらず美味しかった~。
カーデーヴェーを眺めながらというロケーションもなんだか贅沢でお気に入りになりました。
また行きたいな~。



imbiss.jpgちなみに、WITTY'Sの向かいにも別のカリーブルスト屋台があって、この周辺は激戦区?でした。
でも結局この別の店には一度も行きませんでした。
ここも美味しかったのかな…。



Zoologischer Garten駅の構内にもカリーヴルストはありました。
CURRYWURST EXPRESSというチェーン店。



currywurst_zoo駅周辺 (12)
※この画像は朝だったので、まだ開店していません。



この店はハンブルク中央駅他でも見かけました。
駅を中心に出店しているカリーヴルストチェーンなのかなーと思います。
このチェーン店でも食べることはなかったんですけどね。



画像の右端にチョロっと写っているのはチェーンのパン屋さんです。
パンについてはまた後日。



Zoologischer Garten駅はBerlin Hbf(ベルリン中央駅)から3駅離れているだけで
店も多く食うに困らず、ええ加減に賑やかで、ええ加減に静か。周辺の環境はとても良く感じました。
ベルリンは都会だから特に気をつけなくてはという気持ちを、この周辺では忘れてしまったほどです。
(それでも女一人ですから日本にいるよりはずっと警戒していましたが。)



暫く、息抜き記事を挟みつつ
ドイツネタ続きます!

COMMENT

こんばんは~。

ドイツをしっかり堪能してきたみたいで、良かったですね♪
そうそう、来月神戸へ行く予定があるので、元町(でしたよね?)のカリーヴルスト食べに行きたいと思っております(^m^)
一応、旦那にも「行きたいお店があるね~ん!!」と許可を得てます(笑)

ドイツネタの続きを楽しみにしてま~す♪
2011/06/18(土) 00:04:46 |URL|ホーリー #- [EDIT]
こんばんは。
景色が違うだけで、こんなにも美味しそうに見えるもんなんですねぇ。
って、言うか、流石外国、ケチャップの量が半端ない(^◇^)
豪快なんですね~♪
日本が勝手に、繊細な物へと変え、知らない日本人はそれがドイツの食べ物だと信じ込まされてるだけなんですね☆
良いなぁ~(^^)
bonさんはドイツ語、読めるんですか?
yamachanはフランス語ならレシピくらいは読めますが、ドイツ語はサッパリ(^_^;)
せめて、代表的な国の言語くらいは、日常会話程度でも話せて、カッコ良く決めてみたいな(^^ゞ
2011/06/18(土) 06:09:43 |URL|yamachan #- [EDIT]
ベルリンのCurrywurstは一度だけ食べました。
現地のドイツ人に連れて行ってもらったのでどのお店だったのか覚えていません!
でも、私、日本ではソーセージやハムって殆ど買ってまで食べないのですが、ドイツのは本当に美味しいので大好きです♪

今の時期は日が長いので得した気分ですよね。
しかし、私が行っていた時期は殆ど秋から冬だったので、日没も早かったですね~。
私の海外暦は殆どがドイツです(笑)。あとはアジアをちょこっと。
でも何度行っても、また行きたくなるドイツなんです。bonさんのブログ見たら行きたくなるな~。

まだまだこれからのドイツ旅報告、楽しみにしておりま~す♪
2011/06/18(土) 06:49:10 |URL|hiro #2eH89A.o [EDIT]
bonさん、こんにちは

ちょっと、ちょっとbonさん

なんか、最近

カメラの腕前上がってませんか!

たぶん、ドイツでもガンガン、シャッター切っておられたと思いますが


当て勘が良くなってるというか

構図も、冴えてますし

雰囲気も良いですよねぇ^^


・・・と、私も偉そうに云える腕でもないんですがね^^;


bonさんの御写真は、上達している気がします^^v

あ~しかし、

わたしも、ソーセージ―とピルスナ―系ビールが飲みたいです

リンクさせていただいてるblog廻ってると

いま、旅行ネタ多しで・・・わたしも行きたいけどなぁ・・・

はー仕事しよ←さいきん、この締めくくり多し
2011/06/19(日) 21:05:34 |URL|高兄 #jr19PJ6E [EDIT]
bonさん

おぉー、きましたね、カリーヴルスト画像(≧∇≦)!!煙が漂ってる写真、雰囲気出てていい感じです。匂いがこちらまで漂ってきそう。ソーセージもぷりっとしてて美味しそうですね(^◇^*)

日独交流150年記念切手ですが、一部を同じデザインにして両国で共同発行するというニュースを少し前に読み、私も欲しいなぁと思っていたところです。

旅行に行かれた年にこんな切手が発行されるなんて、個人的な記念にもなりますよね(^∇^)♪
2011/06/20(月) 04:42:51 |URL|ヒカリ #- [EDIT]
こんばんは^^
ブロガリ時代の方にこうして来ていただけてうれしいな~♪
いつもありがとうございます★

おっ!!神戸に行かれるご予定が?
それに、カリーヴルストに興味がおありで?( ´艸`)
それならぜひぜひ迷わず、Die Currywurstへ行ってみてくださ~い。
お店の場所は大丸からスグのとってもわかりやすい場所ですので、地図を一度チェックしておけば間違いないと思います^^

ただの、ウインナーとフライドポテトですが、カレーソースとマヨネーズがポイント★
絶対日本人も好きな味なのに、日本ではまだまだ珍しいドイツの味です。
ファーストフード感覚で気軽に行けると思います^^ホーリーさんのブログに出てくるかな~って楽しみにしてます^^
2011/06/20(月) 20:42:58 |URL|bon #- [EDIT]
こんばんは!

ほんとうに、量は噂通り多いです~><
一皿食べたらお腹がいっぱいで苦しかったです。
でも、残さないように食べていたら…
帰国したらダイエット前の体重+1kg増えていました(つД`)

ドイツ語、メニューを読むにもめっちゃ時間かかります。
フランス語のレシピが読めるほうが希少&スゴイではないですか!
その調子でyamachanはフランス語を極めてみては…!
2011/06/20(月) 20:45:23 |URL|bon #- [EDIT]
いやー、ドイツのソーセージ、本当に美味しいですね。
試しに買って帰った缶入りのものですらおいしくって、びっくりしています。
こんなことなら缶入り、もっと買えばよかったーっ、…と思ったけど、重さでギブですね~。
あー、パック入りが持って帰れたらいいのに…
それに、サラミやハムも美味しくて、日本でサラミなんて食べないので驚きでした。
さすが本場!基本のレベルが違うな!と思いましたよ。

今は日照時間が長くて得した気分でしたが、夏のように暑くて、せっかくのチョコレートやバウムクーヘンが痛まないかとヒヤヒヤしていました。
実際、チョコレートは溶けて変形したものもありまして…(>_<)

私の買いたいものからして、秋~冬がベストシーズン!と思いました。
今度いくとしたらそういう時期で狙いますv
でも今回は9時半ごろまでウロウロできたので本当に一日を長く有効に使えたなぁと思います。
女の一人旅、暗くなるまでがタイムリミットと思っていたので。そうなると、冬は午後4時頃にはホテルに戻らねばならない?ってそれもありえないなぁ~^^;

私もドイツは一回では足りなくて、2度3度と行きたくなっています。
hiroさんの渡航歴殆どがドイツっていうのが非常にウラヤマシー!!!
いろんなところ行かれたんでしょうね~!!
観光で一番思い出に残っているところはどこですか?
今、私は地図を見ながら、今度はココへ行きたいなということを考えている時が楽しいです(*^_^*)

私の勝手な旅記録ですが、楽しみにしていただけて本当にうれしいです!!
またhiroさんの思い出話も聞かせてくださいね(^^)/!
2011/06/20(月) 20:56:51 |URL|bon #- [EDIT]
こんばんは。
おそらく本職であろう方にそんなふうに褒めていただけたらめっちゃうれしいです~!
ありがとうございます!

基本を何も学んでいませんが、自分なりに楽しんでいるうちにうまくなればそれが一番だと思っています。
なのでそうしてうまくなった!と言われるのが一番嬉しいですよ~。

私はビールが飲めないのですが、それは残念と思う気持ちもあり
でも、飲めなくてよかったとも思いました。
あれもこれもって、全部できませんしね~^^;
まわりが旅行ラッシュだと、自分も行きたくなりますよね><
高兄さんも働いたらなにかご自身にご褒美あげてください。
2011/06/20(月) 21:11:54 |URL|bon #- [EDIT]
もー!画像見ているだけで食べたいです><
ソーセージの缶詰をひとつ買って帰りました。缶詰やし、美味しいかなんて期待もしていなかったのですが…日本で買うちょっといいソーセージよりもずっと美味しくてビックリでしたヾ(◎_◎)ノ
もっと買って帰ったら良かったと思いましたが、缶詰ひとつもかなり重たかったので、あれ以上は無理だったなぁと思いました。

ああ、欲しいものは重たいものばかりです…(>_<)

日独交流150周年の切手は帰国してから知ったんです。
思わぬ記念品となりました^^

ただ、ドイツでも発行されていたと知り…
それを知っていたら、ドイチェポストをくまなく探したのにー!!といまだにくやんでいます。
だって、切手だったら2枚くらい買っても、ガイドブックに挟んでへーっちゃらで持って帰れたのに!

ベルリンのホテルの横にドイチェポストがあったのでのぞいたことがあって、記念切手も見ていました。
つい買いそうになったのですが、その時は買わずに出てしまいそれっきりになってしまったんですよねぇ。
ちなみにそのときは日独交流の切手はなかったように思いましたが、もしかしたらあったのかなー(>_<)

日独交流150年の節目に初ドイツ旅行ができたことも心に残りますし、日本で買えただけでもよしっ!としておきます^^
2011/06/20(月) 21:18:29 |URL|bon #- [EDIT]
bonさん

写真を見るたび、パキッと歯ごたえのあるソーセージの食感がお口の中によみがえってくるのでは(^m^) 缶詰を持って帰られたのなら重かったでしょう!でも取り上げられなくて良かったですね。

ドイツのソーセージって、ホント色んな種類がありますよね。私はソーセージなんて好みで煮たり焼いたりして食べる物と思っていましたが、現地の人に「これは茹でて食べるソーセージ、これは焼いて食べるソーセージ」と教えられ、目からウロコでした。ちょっと違うかもしれませんが、日本に色んなお豆腐があるのと似てるなぁと思いました(^^)

両国での記念切手発行のニュースを読んだのは2ヶ月くらい前だったかな?写真には「レーゲンスブルク旧市街」と日本語で書いてある切手が載っていて、”ドイツで日本語の書かれた切手が売られてるんだ~”と思った記憶があるので、現地でももう出てると思います(^^)

日本におけるドイツ年だった時も日本郵便から記念切手が出ましたが、今回のように両国で同じデザインを発行っていうのは身近さを感じさせてくれていいですよね!
2011/06/22(水) 02:36:51 |URL|ヒカリ #- [EDIT]
ドイツには何度も言っているはずなのに、Currywurst、まだ食べたことないんですよ。
ってか、Bonさんのを見るまで存在すら知らなかったです。ホント!
ソーセージはいろいろ買って、ホテルのお湯で袋ごと温めて何度か食べてましたが・・・

今まで行ったところがケルン(Cologne)がメインでこれにシュトットガルト、ベルリンは1回だけ。

そのせいかと思って、ケルンのCurrywurst検索したらいっぱいありました。

私が前回ベルリンに行ったのは11年前、Potsdamer Platzの駅も工事中だったと思います。

来週火曜・水曜は昼に絶対Currywurst、食べてきます!
2011/06/23(木) 00:24:46 |URL|かねごん #- [EDIT]
>私はソーセージなんて好みで煮たり焼いたりして食べる物と思っていましたが
私もそう思っていました!!!
なんと、茹でる用、焼く用…ちゃんとあるんですね~!
私は持ち帰った缶詰のもの、すべて焼いてしまいましたが、はたしてよかったのか…^^;
いっぱい種類あるドイツのソーセージ。ドイツ人だとして、いったい一生のうち何種類くらいを食べるのでしょう。

お豆腐のたとえも納得です。そうだそうだ、豆腐、その変形?として湯葉やおから、厚揚げ…と大豆食品は日本食の代表ですものね!

私は帰国してから、「外国人目線」で日本を見てしまうようになりました。
外国の方に、日本はどのように映っているのだろう?と思ったからです。
自分が子供の時から親しんでいる食材ひとつとっても、そういう視点でみると、なんじゃこれ!というものがありますね^^

日独の交流も150年、その間には微妙な時期もあったと思いますが…
今後も平和で、200年記念を迎えてほしいなと思ってしまいました。
50年先にドイツ訪問するぞ!っていうのも、夢があっていいなと思いまして(*^_^*)

2011/06/23(木) 21:51:39 |URL|bon #- [EDIT]
>ソーセージはいろいろ買って、ホテルのお湯で袋ごと温めて何度か食べてましたが・
こういう楽しみ方ができるあたりさすがかねごんさんですね!

ベルリンとリューベックのホテルは湯沸かしポットがなかったんです。
三ツ星クラスですが…
なので、ドイツのホテルはポット無いのが普通??と思っていました。
そもそも日本のホテルがアメニティまで揃いすぎ、ときいていたので。
最後のハンブルクでは湯沸かしポットも冷蔵庫もキッチリあって、日本並みでした。
どちらが普通なのでしょう…

ケルンにもカリーヴルストがいっぱいあったのには驚きです!

というのも、私はベルリン以外ではカリーブルストにぜんぜん当たらなかったからです。
リューベックでは1件、ハンブルクでも1件しかみませんでした。
でも調べてみたら他にもあったのかもしれませんね。
ベルリン名物だそうですが、いまは全土で食べられるようですし。

なんと、ベルリンは11年前ですか!

だったら、きっとあっちこっち変っているでしょうね。
日本でもそうであるように。

ひさしぶりのベルリン、楽しんできて下さいね!って仕事だよねってわかってま~す(笑)
カリーヴルストも食べてきてください(^^)/なんか、私まで楽しみなってきたー!

2011/06/23(木) 21:56:29 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK