近くて遠い 東の名品【その他パン編】

06-20,2011

あをたにさんから送っていただいた荷物の解剖続きです!
これだけ書いてもまだ入っているという、非常に贅沢な詰め合わせだったんです。



今回のまとめ
Zopf編
レーズンサンド編



今回はその他パン編と題して、Zopfのパン以外をまとめてアップです。
この時はまだ私がドイツへ行くなんて香らせてもいなかったのに、あをたにさんのセレクトはドイツなパンばかり(笑)



ドイツパン@トーキョー



今見ても、東京ドイツパンのレベルの高さを感じます。









auntieannes.jpgまず何コレ?!と驚いたのは、AuntieAnne's(アウンティ・アンズ)というプレッツェルのお店。



都会とはコロコロと変化するものですが、暫く東京方面にアンテナを伸ばしていなかったうちにこんなお店ができていたようです。




アメリカ発祥のソフトタイププレッツェルチェーン店で、なんと2010年の時点で世界23ヶ国1,100店舗以上を展開しているんだとか!
ちなみにプレッツェルの表記は、ドイツ語の場合はBrezel、英語はPretzelとなり、このお店は英語圏のお店なんだなーというのがわかります。



auntieannes (2)



フックラしたプレッツェル。焼き直したので表面はパリッ。
焼きたての香りはケンタッキービスケット!




auntieannes (1)



裏面の焦げ目がこうばしく、時折感じる塩気がアクセントになってとっても美味しい!



auntieannes (3)



初アウンティアンズ、ありがとうございましたーっ!
店舗では他にも甘フレーバーもあり、買いたてをかじってみたい!
日本では現在東京に3店舗のみ。あー、なんでも東京一極集中だなぁ。



ここからは、あをたにさんに教えていただいて実際行ってみて、一目おいているユーハイム・ディー・マイスター丸ビル店のパン。



あの!シニフィアンシニフィエの志賀勝栄シェフがシェフ・ベッカーとして活躍されたお店で、ユーハイムという全国に知れた名でありながらここでしか食べられないドイツパンを買うことができます。



ブレッツェル
juhheimプレッツェル



クープがタラ口のようで(笑)思わずにらめっこしてしまいました。
そしてこの細さ、まるで芸術!ポッキーンと折れます。
実は帰国してからブレッツェルを家で焼いたりしていますが、この細さは生地の固さに綿密な計算が必要です…!



juhheimプレッツェル (1)



分厚い部分はムッチリ、あー、ブレッツェルってホント、おいしいですー!
日本では売っているお店が少なくて、値段が高いのは何故なんだろうなぁ…
やはり万人受けしないんだろうかなぁ。



juhheimプレッツェル (2)



シュバルツブロート(ライ麦95%)
Schwarzes Brot (2)



炊いた丸麦5%配合してあり、ムチムチプチプチした食感が楽しい!
あーこういうパン大好き~♪(人´ω`*)



Schwarzes Brot



このテのパンにはバターやチーズといった、乳脂肪のこっくり感がピッタリ。
というわけで今回はチーズとハムでサンドにしました。



Schwarzes Brot (1)



プレッツェル生地のアレンジパン
ユーハイム三兄弟



プレッツェル生地のゴルフボール大パンに、ひまわりの種、かぼちゃの種、ごまがまぶしてあります。



ユーハイム三兄弟 (1)



プレッツェル生地独特のハリのある皮感と、シード類のまろやかなコクと食感が楽しめました。



はぁ、こんなパンを見ていたら東京行かねばという気持ちがメラメラと湧いてきます。
夜行バスなら片道約5,000円ですし、すぐ行ける距離なんですけどねー。
…っていいわけがましいコメントは控えて、また折を見て東京訪問したいです!

COMMENT

こんばんは。
どれもこれも美味しそうなパンばかりですね♪
プレッツェルはやっぱりビール?
ハムやチーズと一緒に、黒ビールが良いなぁ。
コクの有る黒ビールち少ししょっぱいプレッツェル・・・想像しただけでお腹が空く~(^^ゞ
でも、1番食べたいのはライ麦のパンかなぁ~。
これは薄くスライスして、まずはそのまま、次はバターを、その次は・・・と色々試しながら頂きたい逸品ですね(^^)
そう言えば、本場ドイツのパン屋さんはどうでしたか?
2011/06/20(月) 22:20:09 |URL|yamachan #- [EDIT]
いろんなものがなんでも東京一極集中は同感!でも、そのうちすぐに関西にも出来ますよね~。
私の住むさらに地方なんて最先端のお店なんて縁がありません><

シュヴァルツブロードのようなライ麦たっぷりパンは私も大好き!
ここで正直申すと私、バターをそのままパンに塗って食べられないのです・・・。パンにはバターが入っているのが殆どで、クッキーやケーキもしかり。そういうのは美味しく食べますがあんまりバター臭いのはダメなんですね~。
パン好きなのにここのところはちょっとヘンなんです私。
なので、このパンにはハムやチーズですね、きっと!
フランクフルトの近くのフルダという駅から車で10分ぐらい行ったところでしたか、そこで知り合いに紹介して貰ったPensionの朝食に出たパンやハム、チーズなどは最高でした!
すんごい田舎で回りは何にもないところですが、景色はステキだったし、のんびりするのに絶対また行って泊りたいPensionです!

私、何度かドイツに行っておりますが、Komugiさんの住むリューベックのある北ドイツはまだ行った事がないんですよ。なので是非今度は行ってみたいですね!
2011/06/21(火) 07:05:41 |URL|hiro #2eH89A.o [EDIT]
こんばんは。
yamachanはお酒がいけるから、やっぱりプレッツェルにはビールでしょうか。
ドイツへ行っても楽しみがいっぱいありそうですね^^

ドイツでは、案外思っていたほど小さな街のパン屋さん…は見つけられませんでした。
そのかわりいたるところにあるのは、チェーン店のプレッツェル屋でした。
ほんとうは、個人経営の小さなパン屋さん…みたいなところがよかったんですけどね~。
でもチェーン店でもじゅうぶんおいしかったですよ!
2011/06/21(火) 22:00:33 |URL|bon #- [EDIT]
ねー、ほんと、東京以外はみんな同じようなものですが
その中でもやっぱり大阪だったり、都会に近いとなにかとありつきやすいですよね。

hiroさんはバターの塊が苦手でいらっしゃるんですね。
たとえば生地に混ざっていたら、バター風味の強いクロワッサンでも大丈夫…って感じでしょうか。
いやいや、ヘンじゃないですよー!誰でも好みを説明しだすと、矛盾点がでてくるものと思います。
え、●●は好きなのに、○○は嫌い?あんまり違わないのに…と他人に対して言うような人でも、案外変わらないエピソードがあるものだと思います。

私はフランクフルトなど南ドイツは、今回は空港におりたっただけなので、いつかぜひ南ドイツもまわってみたいです。
hiroさんは何度か行っておられても北ドイツは未踏とのこと。
そのおきもちもわかります~!
一度行ったから次は違うところ…と思っても、またその地へ行きたくなります!
きっと二度三度と同じ地へ行っても新たな発見、魅力は尽きないのでしょうね。

フルダのお話…想像するだけでステキですね(*^_^*)
お知り合いに紹介してもらったペンションというだけでとてもアットホームな空気を感じますし、世界チェーンのビジネスホテルなどと違い食材も地域で調達されたものに違いない。ああ、そう考えると、そこで出たパン、ハム、チーズだけでもすごいごちそうだ…なんか、私はそこで食べてもいないのに、想像するだけで記憶に残る味って感じがします。hiroさんのうしろをついて、そのペンションいきたい~っ( ´艸`)

私も今回泊まった3か所のうち、リューベックのこぢんまりしたホテルが一番思い出に残っています。
スタッフもとても親切で、都会の規模の大きなホテルとはまったく違う雰囲気でした。

私はホテルはすべて朝食なしにしましたが、朝食を食べている部屋からすんごくいいにおいがしてちょっと羨ましかったですw
そのぶん、朝から外でちょこちょこ食べることも楽しめたのでよかったですが。
朝食バイキングなんてあったら、もう、朝からお腹いっぱいでうごけなくなってしまいそうで。

あ~、死ぬまでに何回行けるかな~( ´艸`)
こんな楽しい話、ずーっとしていたいです…!!(つきあってくださいw)
2011/06/21(火) 22:20:23 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK