ドイツで朝食べていたもの【ローテグリュッツェ+α編】

07-04,2011

日本では見たことも聞いたこともないデザートにはまりました。
それは、ローテグリュッツェというもの。



rote_grutze.jpg
※右上のはローテグリュッツェではなくて、セモリナ粉のプリンです。



レストランで本格的なローテグリュッツェを食べることは残念ながらできませんでしたが…
スーパーで見つかるものを買って食べ比べてみました。








ローテグリュッツェ第一回 (1)はじめて食べたのがコレでした。



ローテグリュッツェ第一回 (2)ベリーのゼリーと、カスタードのソースが別々の部屋に入っています。



ローテグリュッツェ第一回 (3)ふたを開けるとこんな感じ。



日本では絶対買わないような、鮮やかに着色されたゼリー(笑)!



ローテグリュッツェ第一回 (4)カスタード側をながしこみます。
えいやっ。



ローテグリュッツェ第一回 (6)これが!見た目はちょっと…かもしれませんが美味しかったのですよ~。



酸味のあるベリー味のゼリーに、カスタードが絶妙にマッチしておりました。



パッケージは意味不明です(◎_◎)



ローテグリュッツェ第一回 (5)



初めて買ったものがこの安さでこの美味しさだったので後に期待が高まりました。
(29セント=約33円)



ローテグリュッツェ第一回




一番美味しかったのがこれ!!



ローテグリュッツェ(diat



これも、やっぱり2部屋に分かれています。
ベリーの部屋は果実がゴロゴロとしているソースが本来の姿なのか?



ローテグリュッツェ(diat (1)



カスタードソースにはバニラビーンズがたっぷりで、底に黒々と沈んでいるほどでした。



ローテグリュッツェ(diat (2)



しょっぱなのものが異常な安さだっただけで、これは99セントで買いました。
99セントにグレードアップするだけで、かなり本格的!各種ベリーもゴロゴロでとーっても美味でした。



ローテグリュッツェ(diat (4)



ローテグリュッツェ (1)これまた安物タイプ、25セント。



安いものは色が違います!(汗)



ローテグリュッツェこのたびのローテグリュッツェ食べ比べ最安値のこちらは、ゼリーとソースが分かれてもいなくて、偽ホイップみたいなのが上に乗っていました。



ローテグリュッツェ (2)このテのホイップ久しぶり!
シュワっとしています。どこかで食べたことあるなーと思ったけど思い出せません。



これはこれで美味しかったりするわけですが、やっぱり上の2点に比べると劣りました。




今回のプラスアルファはこちら



粒粒プリンGrießpudding(グリースプディング/チェリーとセモリナのプリン)



2部屋タイプのデザートは、ローテグリュッツェの他にもいろいろなものが売っていました。
特に目に付いたのがライスプディングやコレ。試しに買ってみました。



粒粒プリン (1)これはメインがセモリナ粉のプリン。
そこへチェリーのソースをかけていただきます。



粒粒プリン (2)



粒粒プリン (3)セモリナ粉(小麦粉よりも粒子が粗い)をカスタードで炊いてあるような感じです。



チェリー感たっぷりで甘酸っぱいソース、カスタード粥のような不思議な食感のプリンと合って美味しかったです。




さて、スーパーで売っていたローテグリュッツェは、私が買っていた食べきりサイズも売っていたのですが…



どでかいどちらかというとドーンと1kg入りのファミリーサイズのほうが主流なのか、食べきりサイズは置いていなくても1kg入りは置いてあったり。



この画像のもめっちゃ売れてる?残り1個。
ドイツも核家族化が進んでいるとラジオで聞いたことがありますが、二人家族なんかでもこんなのを平らげたりしちゃうのでしょうか…



ドイツでは男性も甘いものが大好きらしく目にするだけでも日本の比ではなかったので、家庭でのデザートの消費量もきっとすごいのでしょうね!

COMMENT

こんばんは~♪

すごい!ドイツにはこんなものがあるのか~♪♪
日本では確かに見たことないですね。
ゼリーとカスタードクリームって意外な組み合わせやけど
おいしそうですねぇ~(^^)
そいえば、カナダに行ったときも見かけないものばっかりですごく楽しかった!!!
日本の自販機で見かけるコーラぐらいの勢いで
あっちにはチョコレートミルクが売っていました。
そしてみんなめっちゃ飲んでましたw



ご返答ありがとうございます!
やっぱりジェラートすっごい気になってるんですよね♪
そこらへん一通りまわってきます♪+。
昔に京都食べ歩きを経験した友達と行ってくるのでそこらへんはまかしてください!
興味があったらとりあえずパクついてみますww


2011/07/04(月) 22:17:41 |URL|はっちゃん #- [EDIT]
ゼリー、しっかりかためのジャム…みたいな感じですか??
お高いやつは流石のトロトロ感ですね❤
お安いやつの、いかにもチープな色合いと、これまたチープなホイップもなんかキャワイイッ

パソコンの画面から醸し出されるドイツの香りにウフウフです❤
前回のベルリンの公園写真も素晴らしかった!
これだけで旅行気分がなんとなし味わえる自分は、根っからの幸せもん&貧乏性なんだと思われます笑
2011/07/04(月) 23:28:42 |URL|ちひる #- [EDIT]
ローテグリュッツェ、へ~これ知らなかったです。ゼリーにカスタード、あまり思いつかない組み合わせ。なかなか美味しそうだけど、やはり値段がたなのでしょうね・・・。
ドイツではホント男性も、デッカイケーキなどよくパクついていますよね。食事の量といいあの体格を維持するには必要な量なのでしょう、きっと!

ドイツ語に関しては、bonさんがおっしゃる英語のように身振り手振りですよ。でも勉強のつもりで殆ど維持でもドイツ語で通しましたよ(笑)。中でも大変だったのは数字の聞き取りが瞬時に分からなくて、結局向こうが英語で言い直したり・・・(恥)。
そうですよ、関西にはゲーテがあるんですよね~。語学学校もきっとたくさんあるんでしょうね。あっ、でもbonさんは語学学習にはお金をかけないんですね!それもそうですよね。結局はやる気なんですから。勉強しようと思えばいくらでも安くでできますもんね。
今がやる気満々っていうの、すごく分かります!もちろんこれを機にスタートするのがいいのですが、ついでに次の目標を明確にするとさらに意欲も高まりますよね。次が分からないままだと勉強の方もズルズルになっちゃって・・・。ってなことにならないようにお互い刺激し合えるといいですね~~。
私も頑張りたいと思います!(本当に英語をまずやった方がいいのでしょうけど・・・)
2011/07/05(火) 06:49:18 |URL|hiro #2eH89A.o [EDIT]
おはようございます。
外国へ行くと、日本で普通に売っているものがなにもなくて、見たことのないものばかりで楽しいですね!
カナダはチョコレートミルクなんだ?カロリー高そう~!
カナダといえばメープルシロップで、そういえば私のイトコも修学旅行でカナダへ行った時、メープルシロップとメープルの葉をかたどったクッキーを買ってきてくれましたよ^^

ジェラートのGROMはイタリアに本店がありフランスなどにも支店があります。日本へはまず当然のことながら東京へ上陸したわけですが、先日大阪にもオープンしたので食べられるようになったのはご存じの通りです^^

値段も高いですが美味しく、一度は食べてみる価値があるのでは?と思います。
うんうん、梅田の新しいゾーンをウロウロしているだけで、いっぱい食べるものはありそう♪
グロムの近くにも牛の絵が書いてあるミルクの美味しそうなソフトクリームもあったし…
はっちゃんの大阪食べ歩き、楽しみにしていますね~(*^_^*)
2011/07/05(火) 07:43:41 |URL|bon #- [EDIT]
ベリーの部分、高いものはジャム状だったのですが、安物はゆるめのゼリーって感じでした。
ほんと安いものは見た目からしていかにも…ですが見た目に反してなかなか美味しかったです(笑)

どうでもいいようなブログをご覧いただきありがとうございます(*´Д`*)ノ
ちひるさんは以前のお仕事柄もあってか、いろんな土地でのさまざまな発見に敏感でいらっしゃるような?
ちひるin海外、とかもいつか見て見たいですよ~(^^)/
2011/07/05(火) 07:46:52 |URL|bon #- [EDIT]
ローテグリュッツェ、日本ではまず思いつかないデザートですが…
慣れてくると、チョコレート系のデザートよりいかにもドイツらしいなぁと思うようになりましたよ。

食事量、スーパーの商品、なにもかもが日本と比べて大きくて、日本人ってほんとにコンパクトだなぁと感じました。街でミネラルウォーターのペットボトルを片手に歩いている人をよく見ましたが、女性ですら1.5リットル入りのペットボトルでしたからびっくりでした。まぁ、私もあまりの暑さと値段の安さで1.5リットルを買うようになったのですが、日本ではとても考えもしないことでした。

hiroさんのドイツ語は意地でもドイツ語で通せるくらいなら旅行には十分ですよね。
どこかへ通われたのでしょうか?
そうなんです。せっかくゲーテがあるので利用したいなという気持ちもあるのですが…
場所も私にとって便利ではないし、授業時間が希望と合わない(これが一番ネックかな)のもあっていつもホームぺージをチェックするだけで終わってしまいます。
語学学習にはお金をかけない方針ではありますが、ドイツ語は英語しか習っていない日本人にはややこしく感じられるので、入門だけでも専門の先生に習ったほうが早いのではと思っています。
なのでチャンスがあったらどこかへ行こうと思い、たとえば大学の公開講座のような信頼できそうな機関を対象にアンテナをはっています(*^^)v

hiroさんくらい話せたら…まず目標です^^
数字なんて私は完全にあきらめていました。レジの表示を乗り出してガン見していましたから…^^;
そうですね、目標がないとダーラダラしちゃって、結局何も身につけないまま何年も過ごしてしまうことになるのを経験しているので、とにかく買い物くらいはドイツ語ですべてまかなえるようになりたいです(`・ω・´)☆

ほんと、それより英語に絞ってマスターするほうが世界では有効では?という気もしますよね~~!
でもドイツ好きとしてはやっぱり聞いていたいあのおんてい。
ドイツで買ってきたらよかったと悔やんでいるものが、子供向けのアニメ(スポンジボブとか)のDVDなんです。荷物が重くてあきらめてしまったのですが、無理してでも買えばよかったなぁ~といまだに思っています。
2011/07/05(火) 08:05:29 |URL|bon #- [EDIT]
わー。みたことないです。でも、フルーツの酸味とクリームがあいそうです。海外に行くと、スーパーめぐりが楽しいですね。
2011/07/05(火) 08:40:21 |URL|ゆうさん #3/2tU3w2 [EDIT]
おはようございます。
一見するとアイスクリームのようにも見えますね。
だけど、ゼリーなんだぁ~。
最近、日本でもプリンとカラメルソースを別にする所も増えて来ましたけど、こう言う発想は無いですよね(^^ゞ
しかし、何と言ってもパッケージですよね~。
日本には無いセンスがやはり目に付くのかなぁ。
外国人から見れば、藁に包んだ納豆的存在?
それとも柏餅や桜餅など、葉っぱに包まれたお菓子的存在なのかな~。
所変われば品変わると言いますが、ホントに美味しそうに見えるのが不思議で仕方がありません(^^ゞ
2011/07/05(火) 09:39:20 |URL|yamachan #- [EDIT]
そうなんです、えっと思うけど、考えたらフルーツとカスタードの組み合わせは日本でも食べているはずですよね。

スーパーはほんとーに楽しかったですね!
一日何回いくねんwってくらい、行っていました。
2011/07/05(火) 21:02:57 |URL|bon #- [EDIT]
こんばんは^^

デザートといってもこんなものがあるんだーとびっくりですよね。
組み合わせとしてはベリーとカスタード、合うだろ~って感じですが
日本ではこんな形で売っていることってないですもんね。

逆に外国の方は日本のスーパーで売っているプッチンプリンとかコーヒーゼリーとか、なにこれー!って感じなのかなーと思いました。

そうそう、欧米のお菓子はパッケージも見もの?ですよね!
字が読めないせいもあってなんともかわいく見えますし、日本ではしたことのない発想もおもしろい。
でもyamachanのおっしゃるように、和菓子の葉っぱ系は西洋にはない驚きかもしれませんね!
ちょっと反応を見てみたいなと思いました。
2011/07/05(火) 21:06:52 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK