京都でドイツ気分!カフェミュラー

07-11,2011

これまた春の話です(汗)
最近新規開拓よりも気に入っている既知店の再訪ばかりしていますが、ひさしぶりに新しいお店へ行ったんです。



京都ドイツ文化センターがリニューアルし、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川になりました。
その中にオープンしたカフェミュラーです。4月にオープンするのを昨年から楽しみにしていました。



カフェミュラー (10)



このWMFのカトラリーやローゼンタールの食器、だけではありません
ドイツのもので満たされた空間で、気軽に、贅沢なひとときを。




まずゲーテ・インスティトゥート(Goethe-Institut)とはドイツに拠点をおくドイツ文化センター・語学学校で世界に支部があるのですが、日本にある3箇所のうち東京・大阪は当然としても残る1箇所が京都なのです!



京都には、戦前すでにドイツ文化研究所(Deutsche Kultur-Institut)があり
1956年に財団法人日独文化研究所という名で再建されました。
これは戦後ドイツが海外に再建した文化財団の第一号なのだそうです。(ベルリン特電/江尻進著より)



1963年、ゲーテ・インスティトゥート京都支部が財団法人日独文化研究所の館内に開設されました。
現在の位置、京都御所と京都大学のちょうど中ほどに移転されたのは1983年のことで、驚いたのは建物はドイツ連邦共和国が所有しているんだとか。よくわからんがスゴイw



カフェミュラー (1)



外国語学校では、外国人に言語を教える資格がないどころかその教育を受けたこともない人を雇っているところも多いと聞きますが(それでも良い先生もいらっしゃると思いますが)、ただでさえドイツ語を教えるところは少なく、専門性と信頼という意味でゲーテは非常に数少ない選択肢でした。
というわけでたまにホームページをチェックしていて知ったのが、今年の4月にヴィラ鴨川にオープンしたカフェミュラー



カフェミュラー (2)



こちら方面に用事のあった日を利用して一人ランチに向かいました。
場所は川端通の、丸太町と今出川の真ん中くらいです。



カフェミュラー



ソーセージ、コーヒーなどの食材はドイツから輸入したもの。
ケーキ類は京都で数少ないドイツ菓子のグリュックスシュバインのものです。



カフェミュラー (3)



冒頭に書きました「ドイツのもので満たされた空間」の根拠は、こちらのカルテをどうぞ。



カフェミュラー (4)



ホール、レジで2人の女性が働いておられたのですが、いずれもドイツ人!
さすがドイツ文化センターヾ(゚∀゚ )ノ



店内よりも、気持よい季節だったので外の席にしました。



カフェミュラー (6)



開店すぐだったので一番乗り、この空間を一人占め!



カフェミュラー (7)



きれいに手入れされていて気持ちいい~。



カフェミュラー (8)



ランチセットみたいな安売りはしてなくて、単品400円のスープから1,300円の軽食セットなど。
(軽食といえど女性であればお腹いっぱいになる量でしたが)
私は1,300円の軽食セット(ミュンヘンの白ソーセージ2本、ジャガイモサラダ、スープ、パン)にしました。



すると注文をききにきたドイツ人女性がたどたどしい日本語で、パンをブレッツェルに変更できると教えてくれました。
「金額アップします。1300円が1500円になります。温めるのに10分くらいかかります。」



いいともいいとも!!ブレッツェルにしてたもう!!
(結局ブレッツェルは250円加算されていました)



まず出てきたのはトマトのスープ。



カフェミュラー (9)



色からして濃く、完熟トマトをギュッと濃縮したようなトマト感で、濃さを生クリームで誤魔化していません。
具としてソーセージの欠片が入っていたのですが、ちいさいひとかけにも旨みがしっかりありました。
添えのパンはトーストしてあり温かく、サクサク軽い。
このスープの美味しさと高品質さに、この後に期待が高まります。



スープを食べてしばらくして揃いました。



カフェミュラー (13)



ブレッツェルはぷっくりとして、まぁるい見た目がかわいい。



カフェミュラー (11)



クラストは軽くサクサク、クラムはムギュとしながらも歯切れよくうまい!!
今度は普通のパンも食べてみたいな~。



カフェミュラー (18)



ミュンヘンの白ソーセージは、白い磁器ボウルの中でプカプカお湯にうかんで気持ちよさげ。
まるでお風呂に入っているかのようだ…



カフェミュラー (16)



白ソーセージ、初めてだったので店員さんが食べ方を教えてくれました。
皮は食べずに中身だけ食べる…というのは聞いたことがありましたが、実際やってみると不思議!



カフェミュラー (14)



皮に切り込みを入れて、中身だけをとりだしマスタードをつけて食べます。
ふわっとしてクセのない優しい味!
白ソーセージもおいしいなぁ~( ´艸`)



カフェミュラー (15)



ポテトサラダもじゃがいもをつぶしすぎない、日本のそれとはちょっと違うタイプ。
横のサイコロはバターですがブレッツェルにはいらないよなと思い、そのまま食べましたw



カフェミュラー (17)



レシートまで載せちゃいます!
Lecker!(おいしい!)のバッヂはレジに山積みにしてあって、ひとつ貰ってきました。
これでこの単語は二度と忘れません。



カフェミュラー (22)



コーヒーは、ミュンヘンの名店ダルマイヤーのもの。
食事とともに注文したらなんと+300円で飲めます。
そら飲まなあかん!と思ったのですが、昼ごはんだけで1,500円もかかってしまった上にコーヒーという贅沢は、私にはとてもできませんでした~ッ(つД`)



食後に館内の図書室へ行ってみました。



カフェミュラー (19)



図書室の窓からは、食事をしていた美しい中庭が見えます。
椅子がありここで読むことができました。



カフェミュラー (21)



さすがドイツ語の本が多かったです。
静かで居心地がよかったので「ドイツの実情」という日本語で書かれた本を読んで帰りました。



カフェミュラー (20)



「ベルリン風ハンバーグ(1,100円)」というメニューも気になったので、次回はブレッツェルにグレードアップせずにコーヒーを飲む気まんまんです。



日本で3箇所しかないドイツ文化センター京都内のカフェ。
関西のドイツ好きのみなさん、いかがですか~(人´ω`*)



ご注意ください:カフェ・ミュラーは夏期休暇のため、7月31日から8月15日まで休業されます。



カフェ・ミュラー



ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川(京都ドイツ文化センター)



COMMENT

カフェミュラーはゲーテのHPで私もチェックしておりました。bonさん、身近にドイツがあっていいじゃないですか~!

それから一つ情報を!
ご存知かもしれませんが、今度の土日、16日・17日に関空で「関空旅博」というのがありますよ


http://www.tabihaku2011.com/

「世界のグルメ」コーナーではCurrywurstもあるようで(現地ベルリンでた~くさん食べたからもういいかな?)。
もう少し早くに分かっていたら私、行ったんですけどね~、残念!
2011/07/12(火) 07:06:07 |URL|hiro #2eH89A.o [EDIT]
bonさん、こんにちは

bonさんのドイツ熱は、

もはや留まることを知らず、ですね^^

わたし、この建物の前

何度も通ったことがあったんですが

そうかー

ドイツ基地だったのですね^^

私は、ガーデンで

ピルスナーBEERが飲みたいです♪
2011/07/12(火) 08:21:23 |URL|高兄 #FoGoijMs [EDIT]
居心地のよさそうなお店ですね。
白ソーセージおいしそうです。プレッツエルも。
ドイツいいなあ。京都でドイツ。
2011/07/12(火) 08:22:42 |URL|ゆうさん #3/2tU3w2 [EDIT]
ドイツ好きにはたまらない場所、空間ですね♪
私も好きなことには、追求したい気持ちをいまだに持ち続けているのでいいことだと思います~

先週末、酷暑の京都へちょっくら出かけましたが、5分も歩くとふらふら状態でこの時期の街歩きはパス!です。烏丸御池周辺にパン屋さんが集中していますね。楽しみは秋まで持ち越しです。
2011/07/12(火) 08:42:01 |URL|久美子 #- [EDIT]
こんばんは。
ドイツって、共和国だったのですねぇ。
ドイツはドイツで1つにまとまった物だと思ってました(^^ゞ
グリュックスシュバイン、18年前のケーキ100選に載ってました。
まだあったんですね~。
この図書室は、お店の1部なんですか?
読めないだろうけど、雰囲気だけでも味わいたいな~(*^^)
2011/07/12(火) 22:45:31 |URL|yamachan #- [EDIT]
カフェを併設というのは良いアイデアですね!これなら一般の人も気軽に入れて、ドイツへの興味のきっかけになるかも。

それにしても食器やカトラリーはともかく、照明や椅子までとは!スゴイですね~、凝ってる!図書館も併せ、確かにドイツ好きには至福の空間ですね(^^)
2011/07/16(土) 04:22:25 |URL|ヒカリ #- [EDIT]
hiroさん!!!!
ありがとう!!!!
関空旅博行ってきましたヾ(゚∀゚ )ノ
こんなイベントがあったなんて今までまったく知りませんでした。教えて下さり本当にありがとうございます!!

コメント読むだけは読んでいたんです。で、大阪でカリーブルストが食べられるなんて!!とはりきって行きました(^^)/

ところがカリーヴルストは期待をこっぴどく裏切られて「こんなのカリーヴルストじゃない~!これを食べた日本の人がカリーブルストってこんなものかと思われたらどうするんだ!」と遺憾にさえ思っていたのですが、スタンプラリーに参加したりりんくうアウトレットへ行ったりと一日楽しめました。考えたら海外旅行以外で関空って行くことがないので、足を踏み入れたとたん海外旅行のワクワク気分になってしまいました。
というわけでこんなことでもなければ関空へ行くこともなかったので、今日はほんとhiroさんのおかげ★だんけしぇーん♪

急いで今晩中にブログにアップしたいです!
2011/07/16(土) 22:20:05 |URL|bon #- [EDIT]
ドイツネタに強制的に付き合っていただいて…えろうすんまへん(汗)
それでも見に来ていただけて嬉しいです。
そう、ここはドイツの基地だったのです(笑)基地ってオモシロイ言い方!やけどまさにそうですよね~。
治外法権ではないと思いますが^^;>そりゃそうだろ
私もこれから「別名:ドイツの基地」になっちゃいそう!
高兄さんはビールとソーセージをどうぞ^^ビール飲めたらいいよなぁ~。
2011/07/16(土) 22:23:09 |URL|bon #- [EDIT]
おちついて静かで、ドイツのものに囲まれて…
夢のような空間です★ゆうさんもぜひどうぞ~(^^)/♪
2011/07/16(土) 22:23:59 |URL|bon #- [EDIT]
「ハマれる」ことがあるのはとても幸せだと思います。このブームがいつまで続くかわかりませんが(汗)
私はひとつのことばかり追求しているかと思えば、しつくしたらしばらく放置…の繰り返しですが、死ぬまでこんな感じで何かにハマり続けられたら楽しいなぁと思います。
実際、「楽しくハマる」ほど脳に良い効果があるそうです(某脳科学者談)。

ここのところドイツドイツゆうていますがお付き合いくださりほんとありがとうございます(>_<)
久美子さんほどお付き合いが長くなると、私のマイブームの波もよくご存じでしょうが…
どんなときもご覧いただけてほんと、うれしいです!

この暑さでは街歩きはつらいですね!暑さでやられてしまって、存分に楽しめないと思います。
観光やブラリ歩きには気候、大切ですね…
私がドイツへ行った時もドイツってこんなに暑いの?と思うくらい気温が上がった時でして、暑くてへこたれそうになって何度もアイスを食べたり水を飲んだりしていました。がんがんに照りつける太陽に、じりじりと体力が奪われるんですよねぇ。もうちょっと涼しかったらもっと動けたのに!と思いました。しかし今、ドイツはとても涼しいそうです…あ~ぅ(*´Д`*)ノ

日本はさらにムン!と強烈な湿気がたまりませんね…今年もしつこく10月くらいまでは暑いでしょうし、過ごしやすい季節が短くなるのがつらいです~(>_<)久美子さんもご自愛くださいね!
2011/07/16(土) 22:36:39 |URL|bon #- [EDIT]
こんばんは。
私もはじめは知らなかったのですが、ドイツはそれぞれの国がひとつになってできていて、いまでもその意識が強くあるようです。国民の祝日も州によって違う日もあるとかで、日本だけの考えだとびっくりですよね!

グリュックスシュバインも息が長いお店なんですね~。
18年前のケーキ100選に載っていていまでも愛されているってすごいな。
その本私も見てみたいです(^^)
ひとつの大きな建物の中に、レストランや図書室があるんです^^
私が読んだ日本語の本もあったので、ドイツ語読めなくても大丈夫ですよ♪雰囲気もいいし、とても気に入りました。
2011/07/16(土) 22:41:30 |URL|bon #- [EDIT]
食器やカトラリーだけならばありそうですが、ここまでドイツのもので尽くしている店はドイツでもなかなかないのでは?と思いました。日本にこんな空間があるんだ…ってドイツの人が知ったらびっくりしちゃうかなぁ~^^

ここまでひとつひとつのものにお金をかけるというのは、よっぽどコダワリがなければ個人の店ではありえませんし、とても贅沢な空間ですよね。確かにランチで1,500円は私にとって贅沢ですが、このお値段でこの空間に居られることを思えば安いと思いました。たまに行って、ドイツ気分に浸りたいです♪
2011/07/16(土) 23:04:40 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK