釧路昆布森産の「ときしらず鮭」を食べつくす~お刺身用~

07-06,2012

ときしらず鮭の食べつくしレポートです。
前回~中骨・頭~に続きまして
今回は~お刺身用~です。



お刺身用 (5)



洋物サーモンのように脂身がゼブラ模様のようになってはいませんが
それでもこのツヤと潤いから、とろける食感が伝わるでしょうか?



サク取りしてから真空包装にしてあるので、とっても便利!



お刺身用 (1)



ひっくり返すと、おおっ、、まぶしいぜ・・



お刺身用 (2)



ふんわり柔らかい鮭の身、綺麗に切れずに面目ないっす。
半解凍状態で切ればうまくいったのでしょうが・・後悔先に立たず。



お刺身用 (3)



お刺身用お刺身用としてこのような生わさびも添付されています。すりおろしてお刺身につけていただきます。



それにしても、サシが模様のように入っているわけでもないのに、このトゥルン感はまさにときしらず鮭だからというべきか。



お刺身用 (4)



しばし恍惚・・



ハイッ、撮影終わりっ。
食べるぞっ。
というわけで・・・



どっさり。
お刺身用 (6)



実際はこのように豪快に(崩れたというべきか、あきらめたというべきか)盛っていただきました!



お刺身用 (7)



お刺身用 (8)



「脂が!溶岩のように溶けだします!」
という感じではないのですが、サラッとした質感の細かな脂が表面に浮いているのがおわかりいただけますでしょうか?



とろ~り*。+゚(人´∀`)。+゚*
新鮮な脂と身のうまみ。急速冷凍の技術って、、すごいですね!ウチにもほしい!(無理です)



食べてまた恍惚状態です。



もちろん二人家族がお刺身だけでは到底食べきれませんので、いろいろとアレンジしてみました。



鮭の身は比較的痛みにくいですが、すべて刺身に切り分けたので、残りはヅケに。
フタつきの保存容器などに、しょうゆ、みりん、酒などとともに漬けておくだけなのですが
気分でめんつゆに漬けてみましたら、んんんっ。美味しい。(めんつゆが美味しいのだから当然か?)



そのヅケでまずは、とにかく、好物の酢飯とあわせて「ときしらヅケ丼」♪
お刺身用 (10)



お刺身があると酢飯とあわせたくなるのは性なんでしょうか。
酢飯は自宅で簡単につくります。酢、砂糖、塩、こんぶパウダー(こぶ茶)を合わせておいて、炊きたてご飯に混ぜるだけ。わたしはご飯をお鍋で炊いて、そのままそこに合わせ酢を投入してしまいますが、じゅうぶん美味しい酢飯ができます。ていうか寿司桶持っていませんし。



酢飯を盛り、あぶった焼き海苔を敷き、ときしらヅケをたっぷりと♪自宅だからこそできる豪華丼。
ベランダで育てている紫蘇の葉を刻んで乗せました。



お刺身用 (9)



ヅケにしたら水分が抜けてギュッと旨味が増す感じで、ときしらずワールドが広がりました。



ヅケ×アボカドで混ぜ寿司にしても美味しかったです。



お刺身用 (13)



ごま油香るときしらずユッケも作りました。



お刺身用 (11)



甘辛いユッケのタレを作り(すりごまもたっぷりと!)、ときしらヅケ、角切りアボカドにからめただけでイッキに韓国風に。
鮭とアボカドは食味の相性が良いだけでなく、美の相乗効果が狙えるというのはミスユニバースジャパンの食事法でもお馴染みですよね。



ユッケということで、うずらの卵をポトンと落としました。



お刺身用 (12)



いろいろな食べ方でときしらずのお刺身を味わいました。
これでお刺身用はおしまい?



いえいえ、鮭好きが特に珍重するアレが・・・



鮭皮のパリパリ
お刺身用 (14)



身を剥いだ後の皮です。
魚好きは皮まで絶対に残しません!
むしろ、皮にこそ魚の美味しさの醍醐味があると思います。



鮭の皮、残す人が多いですよね。友人が残すと必ず「食べていい?」と"めしどろぼう"ならぬ"鮭皮どろぼう"になるほど鮭皮が好物です。魚の皮はそれぞれに個性ある美味があるのですが、鮭皮はもっとも好きなうちのひとつです。でも、スーパーなどで販売されている鮭には皮がまずいのもあります。買うときに見分ける眼も大切ですが、激安で売られているものはそういう憂き目を見ることがあるので、やはり、ある程度の値段のものを選ぶことも皮まで美味しく食べるためには大切です。あと、駅弁の幕の内に入っているひえひえの焼き魚の皮はフニャフニャで美味しくないですね。あれで食べられるのは、皮の薄い鰆くらいでしょうか。
・・・自分のブログでこんなに魚の皮について語ることになるとは思いもしませんでした。



ときしらず鮭の皮はパリパリになるまで焼いて塩をふり、最高の珍味を味わいました。主人は鮭皮を食べないタイプなので、これだけは独り占め(* ̄∇ ̄*)いや~皮も極上です。



お刺身用アレンジはまだまだあるのですが、時間が間に合わないのでこのへんで切り上げさせていただきます。
みなさんのご家庭でのお気に入りの鮭の食べ方もお聞かせいただけると嬉しいです。鮭、ホント好きなので。



次回は~切り身~です。



カネキタ北釧水産株式会社
かにと言えば北釧水産ファンサイト参加中

COMMENT

こんばんは。
脂ノリノリですね(^^)
これに、イクラがあれば親子丼も出来そう。
個人的にはユッケが美味しそうに見えますね(^^)
夫殿のおつまみにもなるし、ユッケをご飯に掛けて、丼としても頂けますしね♪
2012/07/08(日) 01:14:01 |URL|yamachan #- [EDIT]
こんばんは。
う~イクラ、イクラがあれば最強でしたねぇ!
ユッケ風にするとおもしろいほどテイストがかわって、ゴマ油のコクがあってほんとおいしかった!
回転寿司店の、マグロユッケを参考にしました(^^ゞ
2012/07/08(日) 20:47:33 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK