α-リノレン酸がオリーブオイルの100倍! 「毎日えごま油」

09-16,2012

脂質は潤った肌、健やかな脳、わたしたちの身体の大切な栄養素。
「ω-3脂肪酸の欠乏により学習能、視力の低下をきたすことが報告されている。」
「うつ病が20世紀になって増加しているがω-6脂肪酸を多く含む植物油の摂取が増加したことと軌を一にする。」
コチラより引用)
と指摘があるように、脳とのかかわりがとても深い栄養素です。



ω6脂肪酸も人間には必要ですが現在の生活では過剰摂取ぎみ、対してω3脂肪酸は意識して摂取しなければ不足してしまい、不調の原因にも…
いずれも体内でつくることができないので、毎日の生活に意識して取り入れることが大切です。



ところがω3脂肪酸はその繊細さゆえに酸化しやすいのが一番のネックでした。
でも圧搾法で採取されたえごま油が1回分ずつパウチされている毎日えごま油なら、油の大敵「酸化」の心配がありませんね。



α-リノレン酸がオリーブオイルの100倍!「毎日えごま油」
毎日えごま油 (2)





健康オタクの間でいっときブームになったアマニ油。わたしも以前チャレンジしましたが、大きなボトル入りで、冷蔵庫で保存していてもそのうち心配になり(酸化した油は体にとっては猛毒みたいなものです)途中で捨ててしまいました。



油についてはこの表がわかりやすいかなと思ったので本棚から引っ張り出してきました。



油について
Tarzan/No. 552 P.21より)



前述のアマニ油、本記事のえごま油は、αリノレン酸(オメガ3脂肪酸)に分類されます。
この部類の油は酸化が早く、毎日新鮮な魚を買える訳ではないし(それに肉も食べたいし)、しかしなんとかこまめに摂取したいと思っていましたので、この毎日えごま油を知った時はよくぞそこに気付いてくれた!と思いました。



毎日えごま油



毎日えごま油 (1)



アマニ油はとてもクセが強くて正直苦痛だったのですが(苦笑)えごま油はさらっとした無色透明でヘンなにおいや味のクセがありませんので、何にでも合います。



朝のヨーグルトに。



毎日えごま油 (3)



透明のしずくが見えますか?一人でこれを撮っていたら腕がつりそうになりました^^;



毎日えごま油 (6)



無色透明でくせのない油なので、色も味も一体化して邪魔をしません。



毎日えごま油 (7)



カプレーゼにも、オリーブオイルと合わせてかけてみたり



毎日えごま油 (8)



かぼちゃスープにたらしたり。



毎日えごま油 (9)



とても気軽にω3を摂取できます。



オレンジジュースにも。



毎日えごま油 (10)



100歳でなお現役の日野原重明さんが毎朝30年以上続けておられることとして
野菜やフルーツのジュースにオイルを入れたものを飲んでおられるのは有名なエピソードです。



最後に、こんな報告も紹介しておきます。
◆1999年ハーバード大学医学部 アンドルー・ストール教授
躁鬱病患者30人を2グループに分け、一方にオメガ3脂肪酸(DHA/EPA)を、他方にはオリーブオイルを毎日服用。DHA/EPAの服用量は9.6g/日。DHA/EPA摂取グループでは14人中9人に鬱症状の著しい改善が見られた。オリーブオイル群では16人中わずか3人しか改善が見られなかった。



ストレスの多い現代社会。食事でできる「外的ストレスに屈しない心身づくり」も随分研究されていますので積極的に取り入れたいですね。



α-リノレン酸がオリーブオイルの100倍!「毎日えごま油」
カラダに優しいアイテム満載ソォーイ ファンサイト参加中

TRACK BACK