村上重の千枚漬

11-09,2012

京都の冬の風物詩のひとつ、千枚漬け。
聖護院蕪の収穫とともにいっせいに千枚漬けづくりがはじまります。



千枚漬



千枚漬けは漬物店各社製造しており、それぞれの味がありますが
自分は買うなら天保3年(1832)創業の村上重です。今しか買えない冬の味。




村上重の千枚漬の特徴は、なんといっても昆布の量がすごい!



村上重 (2)



他社のものは一片の昆布が飾りのように入っているだけだと思うんですが、ここのは裏も表も昆布がギッシリ!



村上重 (3)



高級品の昆布がこんなに使用されているからこその値段なのだろうなと納得。



酢が入る店も多いですが、村上重のは塩漬けのみ。



村上重 (4)



さっぱり浅漬け。おいしいです。
大量の昆布の食べ方ですが、柔らかくなっているのでこうしてそのまま食べたり、ごつくて固そうな部分は刻んで炊き込みご飯に入れたりします。



材料の「調味料(アミノ酸)」というのが無くなったらもっとあか抜けると思うんですけどね…
必要なんでしょうかね。



村上重 (1)



贅沢品なのでしょっちゅうは買えませんが、今年も食べることができて嬉しいです。



COMMENT

うっわーっ。憧れの千枚漬。一生に一度でいいから樽でもらってみたい。(自分で買おうと思っていないところがずうずうしい)

bonさんのお写真見ているだけでヨダレが・・・。
ウチの近所のデパートでも「京都展」をやっていたりしますが、なかなかホンモノの千枚漬けには出会えず。やっぱり塩と昆布だけのお漬物っておいしいですよね。
2012/11/09(金) 23:49:33 |URL|robbie #.rEgMis2 [EDIT]
初めての千枚漬!
とても、とても美味しく頂きました!!!
この粘りも凄いですね~。
大量の昆布はなるほど~、ご飯に混ぜる食べ方、思いつきませんでした(もの凄い歯ごたえの昆布、一生懸命噛んで食べました)。
ちょうど、bonさんに送っていただいた後に、ニュースで千枚漬けの仕込みの様子を見ました。
いや~偶然!なかなか目にすることもない貴重な品、本当にありがとうございました♪
2012/11/11(日) 06:50:53 |URL|hiro #2eH89A.o [EDIT]
わたしも村上重さんのファンです〜。
なかなか自分で買って自宅で食べるというより、
贈答品用の場合が多いですが……。
千枚漬けって、ほんと、お店によって全然違いますよね〜。

あぁ、もうそんな時期か、と思いました(笑)。
2012/11/11(日) 16:30:57 |URL|Sango #W1cL0Dl. [EDIT]
あの樽あこがれますよね~!自分で買うもんじゃないし。

でも樽でもらっても、夫婦二人暮らしだと大量すぎて食べきる前に傷むらしいです^^;
私だったら樽であったらバリバリ食べて、食べきってしまうかもしれませんが(笑)

村上重もいまや全国のデパートで買えるみたいですが、千枚漬は卸していないところが多いみたいですね。京都においでの際はぜひ!!!
2012/11/11(日) 18:57:52 |URL|bon #- [EDIT]
そうですか~お口に合いましたか。よかった~(^^)
昆布がスゴイでしょう。それが村上重の千枚漬なんです。
昆布が高級なので、もちろん食べきるんですが
なんせ大量なので料理にも使ったりします。
でもそのままが美味しいですよね~。

そちらのニュースでも京都の千枚漬け漬け込みの様子が映りましたか。
それはグッドタイミングでした、
全国のデパートで買える品もありがたいですが、これはどこでも買えるものではないので^^
ドイツのお土産とはいかないけれど、喜んで頂けてよかったです!
2012/11/11(日) 19:43:26 |URL|bon #- [EDIT]
Sangoさんと同じく、今回私が買いに行ったのは
お使いものにするのが一番の目的でした^^

で、ついでに自分も買ったというわけです。
初物だし!ということで…♪

高級なので、そうでないとなかなか、ね。

なんでも、どこでも、いつでも手に入るものより
こうして冬だけ手に入るものに価値を感じますね。
千枚漬の味が、きーんと寒い冬や、鍋の湯気で曇る食卓の味でもあって…
これからも毎年一回は必ず食べたいな。
2012/11/11(日) 19:50:56 |URL|bon #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK