ブルーベリーフィールズ紀伊国屋のスコーン

12-19,2012

滋賀県のブルーベリーフィールズ紀伊国屋が難波の高島屋に催事出店されていると読者の方からご一報いただき、ブルーベリースコーンを買ってきました。
miumiuさん、ありがとうございました!



ブルーベリースコーン(315円)
ブルーベリーフィールズ











比叡山奥のブルーベリー屋。
自分の中ではなぜか香寺ハーブガーデンのような存在感。
そう、本店へ行くのは厳しいが、デパ地下の催事などで出会えたらラッキー♪
ブルーベリーフィールズ紀伊国屋はその昔は京都の高島屋でしょっちゅう見たのだけれど最近はご無沙汰でした。
それでも高島屋とは相変わらず仲良しのようですね。



ブルーベリーフィールズ (1)



小ぶりなスコーンにブルーベリーがたっぷり入っていてウレシイ。



ブルーベリーフィールズ (10)



こんなにかわいいサイズ。



ブルーベリーフィールズ (4)



ふんわりとほぐれやすい生地。



ブルーベリーフィールズ (13)



ナチュラルな甘みのスコーンだったので、ホイップクリームを添えてみたらよく合いました。



ブルーベリーフィールズ (14)



ホロホロサクサクの食感でとても美味しかったです^^
また催事で大阪へいらっしゃるときがあれば行きたいなぁ。



ホイップクリームは、最近はこんなのを冷蔵庫に置いています。



スプレーホイップ(スジャータ



スジャータのスプレーホイップです。



ホイップクリームって、飲み物やケーキにちょっと添えると美味しさ100倍なのですが、そのたびに少しの量をホイップするなんて面倒でとてもやってられません。
しかし市販のホイップ済のクリームは植物性だし、そんなものを食べるくらいなら無いほうがマシ。
スプレーホイップの存在は知っていながらも、これも所謂植物性ホイップだと思い込んでいたんですが…



スプレーホイップ(スジャータ (1)



なんとこのテのスプレー式のものは乳製品が原料でした。
もちろん純粋に生クリームと砂糖のみを泡立てたものとは比べられませんが、それでも植物性のまっずいクリームと比べたら雲泥の差で胃もたれもしません。
そうと気づいてからは冷蔵庫に常備していて、少量食べたいときはとても便利で重宝しています♪
スプレー式ホイップはいろいろなメーカーから出おり試しています。また機会があればまとめてアップしたいと思っています。

TRACK BACK