ドイツのお土産解体の続報

01-10,2013

読者の方から届いたお土産を解体してゆきます(詳しくはこの記事です)。



Niederegger/Kirsche auf Marzipan
niedereggerkirsche.jpg



Niedereggerのリューベック本店で購入していただいた、さくらんぼ入りのマジパン♪





これは私が食べてみたくてお願いしていたものでした。



過去の記事でこれのクルミバージョンをご紹介しました。




niederegger walnuss auf marzipan



クルミバージョンの包みは金色でしたが
さくらんぼバージョンは真っ赤。



niedereggerkirsche (1)



コーティングはビターチョコレートのようです。



niedereggerkirsche (2)



おお、イメージ写真通りさくらんぼが一粒贅沢に包まれています。
日本でもウィスキーボンボンの系で、洋酒漬けのさくらんぼがチョコレートの殻に包まれたものがありますが
Niedereggerは当然マジパンも共に。



niedereggerkirsche (3)



クルミのが劇的に美味しかったのでこれも期待していましたが、その期待を裏切らず
キルシュ(さくらんぼのお酒)漬けのさくらんぼのフレッシュな甘酸味とキルシュの芳香がチョコレートとマジパンと絡みえもいわれぬ贅沢な美味しさです。洋酒を使ったお菓子が好きな人にはたまらないと思います。
次回ドイツへ行くことがあればこのシリーズはまとめ買いしたいです。



余談ですが自分のパソコンのインターネットで「niederegger」で検索すると
本家のホームページの次に、自分のブログ記事がヒットしました。
恐れ多いです。



niederegger_20121222144126.jpg



お次は追加で送っていただいたチェコ版タンサンせんべいKOLONADA
チェコおみやげ



前回これのチョコレート版を頂き、あまりの美味しさに大騒ぎしたものです。



チェコおみやげ (2)



ナッティなクリームが幾層にも挟んであります。
チョコレートよりもクリームが主張せず、より昔懐かしいウエハースらしい香りと味がしました。



チェコおみやげ (3)



でもこれだけの層が織りなす食感はKOLONADAならでは。
いやー、こちらのほうも素朴ながら美味しかったです!



日向夏ジャム
日向夏ジャム



これもいただきものです。
新たなパンのお供に早速開封しました。



日向夏ジャム (1)



実家には毎年親戚から段ボールいっぱいの日向夏が届きました。
爽やかな香りの日向夏は子どもの時から大好きです。



あをたにさんにいただいたタロー屋さんの食パンにつけて朝食に。



日向夏ジャム (2)



果実をたっぷり使用した、コッテリと贅沢なジャム(マーマレードではなく)です。
かんきつ系ジャムでここまで濃厚なのはちょっと珍しく、1ビンあたりに日向夏が何個ぐらい使われているのだろうと思ってしまいました。



日向夏ジャム (3)



日向夏の香りが閉じ込められていてとても美味!幸せ!
こちらの地域ではなかなか手に入らないもの、とても美味しく頂きました。
ご馳走様でした♪


TRACK BACK