【富山ます寿司ツアー】源で買ったもの・いろいろ編

01-23,2013

いろいろ編ってどんな編~♪


源で買ったもの (5)



ますのすし本舗 源の本店、ますのすしミュージアム内売店で購入したあんなものこんなもの。






ます寿司は、富山県内で40店以上が味を競っているようですが
その中でもオートメーション化して大量生産している源ですから
大量のあらが発生することは推して知るべしでしょう。



商売上手な源では(笑)、そのあらを砂糖と醤油で炊いて、骨やヒレまでとろけるように柔らかく食べられる"うま煮"として販売しています。
食べきれない大量のあら。その捨てていた部位から収入が得られ、客は喜ぶしのナイスアイデア商品です。



源で買ったもの (5)



ぶりかまますかまのうま煮は父が何度も買ってきて食べているのでリピート買いということになりますね。
友人への富山土産には、味良し、コンパクトな箱で持ち運び良し、日持ち良しの三拍子そろったますかまうま煮を使いました。



身がたっぷりとついた脂の乗った部位は、煮込まれているので余分な脂は落ちてトロトロ。
骨までやわらかくまるごと食べられてカルシウムもたっぷりです。
とってもおいしくてご飯が進みます。特にますかま、大好き!



源で買ったもの (6)



真空パックごとお湯であたためるだけで、主菜レベルの立派なものです。
副菜とお味噌汁さえあれば魚がメインの栄養満点な食事ができるので、忙しい時の味方。
オンラインショップでも買えるのでストックしておきたいな。



源で買ったもの (7)



ひとつ希望を言わせてもらえたら、量が微妙なんですよ…
ますかま150gは二人で分けるにはちょっと少ないし、ぶりかま300gは二人には多すぎる。
(お前らの食べる量が基準かって感じですが)源さん~、ご検討下さい。



"うま煮"シリーズには他にも、ますやにしんの昆布巻、ますのひれ、ほたるいか等々いろいろあります。



とやま ささまっちゃ
源で買ったもの



源はお菓子まで作っていました。



箱だけ見たら買わなかったろうと思いますが。
ますのすしミュージアムのランチに出てきて(記事はこちら)美味しかったので買いました。
ランチ作戦は成功ですね!



↓ランチのときに出てきたささまっちゃ
源の工場へ (8)



ふんわりさっくりしたダックワーズ。
ますのすし100周年を記念して開発された商品なのだそうです。



源で買ったもの (1)



笹の葉の船にお茶筅が乗ったパッケージデザインも面白いですね。



材料に笹の葉が使われている珍しいお菓子。抹茶のほろ苦い味を引きたてており美味しかったです。
これもまた食べたいので、定番商品として定着してくれたら嬉しいな。



個包装はこんな感じなので、職場のお土産などでひとつずつ配ることもできますね。



源で買ったもの (4)



日持ちも、特に添加物も使われていないのに購入日から半月ほどあったので「使える」と思いました。
(トレハロースには発酵を遅らせる効果があるのでそのためだと思います)



源で買ったもの (2)



さてますのすしミュージアム売店は源の製品だけではなく、富山の特産品を数多く取りそろえてありました。



白えびかき餅/御菓蔵
源で買ったもの (8)



大丸京都店の催事でもたまに買うことのできるおかき。
えびの旨みのあっさり塩味で、美味しく飽きの来ない味です♪



源で買ったもの (9)



これもリピーターです。



源の売店で購入した商品は以上です。



あと、先日の記事で画像を貼り忘れたんですが
ダイワデパートの地階食料品売り場で購入したご当地味噌。



新村こうじみそ商店の天塩仕込み こうじ屋味噌
味噌



味噌もたまにまずいのがありますよね~。
500gだけ買ってみましたがとっても美味しかったです!!
もっと買えばよかったわ~と思うほどでしたが、他にも大量のます寿司があるのに1kgの味噌を持ち帰る根性はなかったと思います。



味噌 (1)



袋詰めをされていたお兄さんが「またよろしくお願いします!」と深々とお辞儀してくださいました。
遠方なのですみません…また機会があれば是非買わせていただきます。

TRACK BACK