Wetzel's Pretzels

03-18,2013

たまたま大阪の地下鉄で、ココのプレッツェルのマークの入ったショップ袋を持ったひとがいて、「何このプレッツエルの店?!」とその場で検索してみたのがきっかけでした。



wetzelspretzels (2)



Wetzel's Pretzels(ウエッツェル プレッツェル)




ホームページを見ると、アンティアンズと同じようなアメリカのプレッツェルチェーンのようです。



ドイツにルーツをもつ創業者リック・ウェッツェル氏が、実際に訪れたドイツで出会ったプレッツェルにヒントを得て1994年にスタートしたそうです。
アメリカ人といえばヨーロッパからの移住者が多いのでわかりやすいエピソードですね。



先日なんばウォーク店へ行ってみました。
通り沿いにレジカウンターがあるのみで喫茶スペースなどは無く、持ち帰りのみです。



いくつかフレーバーがあったのですがどれも若者向けで濃そうだったので(サワークリームオニオンとか)とりあえずプレーンをひとつだけ。



wetzelspretzels.jpg



オリジナルプレッツエル(220円)
wetzelspretzels (1)



塩がかかったのみのプレーンタイプです。



wetzelspretzels (3)



バターの香りとコクがリッチ。パンというよりおやつですね。
Wetzel's Pretzelsのものはアンティアンズほど油ギッシュではなく手がべたつくこともありませんでした。



やはりというか当然というかドイツのBretzelではなくPretzelであり形は似ていますが全く違うものといった感じです。
ドイツパンとしてのBretzelではなく、アメリカ人好みのソフトなプレッツェルというジャンルなのでしょうね。



でも中身がどうでもBretzelの結び目のような形を見るとフラフラと引き寄せられてしまいます。
これはこれでおいしかったのでたまに買いたいです。



地下鉄の中でここの袋を持った人が目の前にきたおかげで知ることができました。
そう思うとショッピングバッグも立派な広告媒体ですね。
それまでまったく知らなかったのに、大阪だけでなく京都河原町にもあるようでびっくりでした。

TRACK BACK